演奏会のご案内(N響以外)

  • 2011/11/01 東京オペラシティリサイタルシリーズB→C 第136回公演
    東京オペラシティ文化財団が主催するリサイタルシリーズ「B→C(ビートゥーシー/バッハからコンテンポラリーへ)」の第136公演のソリストに採り上げていただきました。歴史あるリサイタルシリーズへの参加を大変光栄に思い、武者震いしながら準備に励んでいます。 Sound gardenとは一味違ったステージを展開する予定。みなさま、是非遊びにいらしてください!!

竹島悟史リサイタルシリーズ Sound garden

  • 003 竹島悟史 Sound garden vol.3 “Reunion”大成功!!
    2010年12月7日、サントリーホール・ブルーローズ(小ホール)にて、リサイタル第三弾を行いました。「Reuinon=再会」をテーマに掲げ、ゲスト浦壁信二、森浩司両氏の2台ピアノと共に、存分に楽しみました。自他作コンチェルト4曲や、僕も含めた3人でのピアノ6手連弾、マリンバソロと、盛りだくさんな内容でしたが、お客様には大いにお喜びいただけて、拍手喝采が鳴り止みませんでした。本当に楽しかった。ありがとう!!
  • 002 竹島悟史 Sound garden vol.2 "crossing" あたたかく終了!!
    2008年10月7日、第2回目リサイタルを行いました。ソプラノ佐竹由美、ハープ早川りさこ、チェロ銅銀久弥という、偉大な音楽家である素敵な仲間たちと一緒に作り上げたステージは、のちにたくさんのお客様からいただいた「心の底まであたたまる時間をありがとう」というお言葉に包まれて終演しました。 こちらこそ、あたたかいご声援をありがとう。
  • 001 竹島悟史 Sound garden vol.1 "Let's!!" 大盛況のうち終了!!
    2006年9月26日、初めてのリサイタルを行いました。 記念すべき第一回 "Let's!!" は、マリンバと作曲をメインに企画。 ご来場頂いたみなさまのおかげで、会場中に「僕の庭」を表現出来ました。 本当にありがとうございました!!

LINKS

  • NHK交響楽団
    所属するNHK交響楽団のページ。
  • 株式会社1002
    僕のリサイタルシリーズ"Sound garden"の制作を担当してくださっている音楽事務所。究極のサポート、あったかすぎ。
  • Percussion Unit "UNZARI"
    参加するUNZARIのページ。最高の仲間と「遊びのち遊び、ところにより音楽」
  • Japan Percussion Center
    日本最大の打楽器屋さん。何と言ってもまずはここ。お世話になっております
  • プロフェッショナル・パーカッション
    こちらは、日本最大の打楽器レンタル屋さん。貸スタジオもあります。
  • (株)こおろぎ社
    僕の愛器(マリンバ)を作ってくださった、こおろぎ社。心くすぐる、おだやかであったかい音。
  • 萱谷亮一
    芸大同級生、あちこち大活躍なパーカッショニスト。畑違えど、志は同じ。彼の存在は励みになります。
  • 神代修
    なぎさブラスゾリステンのボス、日本を代表するトランペッター。素晴らしきパパさん音楽家で、相変わらず良きチョイ悪。(笑)
  • 佐竹由美
    由美と書いて「なおみ」さん。日本を代表する素晴らしいソプラノ歌手です。あったか〜いソプラノ。暖。
  • 竹原美歌
    スウェーデン在住の打楽器奏者。ソリストとして元気に活動、可愛らしくも力強い心意気に、ファン多し!! 
  • 早川りさこ
    N響ではもちろん、二人でのDuoでも仲良くさせていただいています。あぁ、天は二物を与えちゃったね〜。
  • 二ツ木千由紀
    独特な魅力のセレブなパーカッショニスト、chiyukiさん。キラリセンス光る数々の言動は、みんなの注目の的!!
  • Yuko
    呑み仲間、OL Yukoのページ。天真爛漫、品良くテンション高めなのに、隅々まで気配りないいヤツです。
無料ブログはココログ

« 想いはめぐり。 | トップページ | 打楽器奏者 »

準備

今日も、昨日と同じく、
N響リハーサル、のち、リサイタルの個人練習@家。


僕は、職業柄色んなイベントに参加してきました。スタイルジャンル問わずね。
で、いつも想うことがあります。

コンサートにしろ、ライブにしろ、ミュージカル公演にしろ、
全国ツアーにしろ、ドラマ撮影にしろ、、、
何にしても、「最終日」に向かって、どんどんヒートアップしていくのが常。
いや、最終日より前が、そこそこなテンションだという意味ではなくね。
やっぱり、やり遂げる感っていうのは、「最終日」に爆発するような風潮って
ありますよね。(一日だけのコンサートだったら、その本番の瞬間ってこと)

でも、準備期間にこそ、最終日以前の期間にこそ、色んなドラマが生まれるわけです。

例えば、ミュージカルで一ヶ月の公演をする場合。
スタジオでのリハーサルがあり、会場での仕込みやリハーサルがあり。。。
その、準備期間で最高の準備をするために、全力で動いてくれるスタッフがいてくれるわけです。
もちろん、素晴らしい本番になる為の準備であるから、標的は本番だし、最終日を迎えるまで気にかけてくれていることに間違いないのですが、関わる全ての人間が「本番」や「最終日」という瞬間まで一緒に動いているわけではない。
準備期間中に、僕の楽器の並べ方に対する我が儘をどんどん聞いて、アイディアや技術を総動員してくれるたくさんの舞台スタッフの半分以上は、準備期間だけの付き合い。本番期間が始まってしまえば、何かよほどのことが起きない限り、その演目担当の数人のスタッフが、見守ってくれるだけになります。
準備期間に、ああだこうだと意見を交わし合い、お互いにアイディアを出し合って作り上げるといった、とてつもなく充実した時を共にした多くの仲間は、僕ら演奏者や役者がヒートアップしきる「最終日」には、不在だったりするわけです。一抹の寂しさを感じる瞬間です。


僕のリサイタルに関して、準備期間の役目を果たし終えた仲間?がいます。
それは「家の練習部屋」。
明日以降は、カヤ宅でのアンサンブルリハーサルや、貸しスタジオでの個人練習になるため、リサイタルまでの間、もう家で練習することはありません。
つい先ほど、リサイタルで使用する楽器の一切喝采を、家の練習部屋から車に積み込みました。

この賃貸マンションに引っ越して来るとき、そもそも楽器可の物件だったにもかかわらず、「打楽器なんてものをガンガン練習するから。」といって、一つの小さな部屋に特別防音を施してもらいました。
今回も、その部屋で練習して悩んで汗かいて、、、準備をしてきました。

その部屋は、あと、リサイタルが終わり、車から楽器を降ろすまで、蛻の殻です。
がら〜んとした小さな防音室を眺めて、ちょっと感慨深くなりました。

頑張ろう。


さ、明日はN響定期本番初日。その他、衣装買ったり髪切ったり練習したり、怒濤の一日になります。
早く寝よう。。。

って、早くないじゃん!! 明日、ちゃんと起きなきゃ。

« 想いはめぐり。 | トップページ | 打楽器奏者 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/186300/11990758

この記事へのトラックバック一覧です: 準備:

« 想いはめぐり。 | トップページ | 打楽器奏者 »