演奏会のご案内(N響以外)

  • 2011/11/01 東京オペラシティリサイタルシリーズB→C 第136回公演
    東京オペラシティ文化財団が主催するリサイタルシリーズ「B→C(ビートゥーシー/バッハからコンテンポラリーへ)」の第136公演のソリストに採り上げていただきました。歴史あるリサイタルシリーズへの参加を大変光栄に思い、武者震いしながら準備に励んでいます。 Sound gardenとは一味違ったステージを展開する予定。みなさま、是非遊びにいらしてください!!

竹島悟史リサイタルシリーズ Sound garden

  • 003 竹島悟史 Sound garden vol.3 “Reunion”大成功!!
    2010年12月7日、サントリーホール・ブルーローズ(小ホール)にて、リサイタル第三弾を行いました。「Reuinon=再会」をテーマに掲げ、ゲスト浦壁信二、森浩司両氏の2台ピアノと共に、存分に楽しみました。自他作コンチェルト4曲や、僕も含めた3人でのピアノ6手連弾、マリンバソロと、盛りだくさんな内容でしたが、お客様には大いにお喜びいただけて、拍手喝采が鳴り止みませんでした。本当に楽しかった。ありがとう!!
  • 002 竹島悟史 Sound garden vol.2 "crossing" あたたかく終了!!
    2008年10月7日、第2回目リサイタルを行いました。ソプラノ佐竹由美、ハープ早川りさこ、チェロ銅銀久弥という、偉大な音楽家である素敵な仲間たちと一緒に作り上げたステージは、のちにたくさんのお客様からいただいた「心の底まであたたまる時間をありがとう」というお言葉に包まれて終演しました。 こちらこそ、あたたかいご声援をありがとう。
  • 001 竹島悟史 Sound garden vol.1 "Let's!!" 大盛況のうち終了!!
    2006年9月26日、初めてのリサイタルを行いました。 記念すべき第一回 "Let's!!" は、マリンバと作曲をメインに企画。 ご来場頂いたみなさまのおかげで、会場中に「僕の庭」を表現出来ました。 本当にありがとうございました!!

LINKS

  • NHK交響楽団
    所属するNHK交響楽団のページ。
  • 株式会社1002
    僕のリサイタルシリーズ"Sound garden"の制作を担当してくださっている音楽事務所。究極のサポート、あったかすぎ。
  • Percussion Unit "UNZARI"
    参加するUNZARIのページ。最高の仲間と「遊びのち遊び、ところにより音楽」
  • Japan Percussion Center
    日本最大の打楽器屋さん。何と言ってもまずはここ。お世話になっております
  • プロフェッショナル・パーカッション
    こちらは、日本最大の打楽器レンタル屋さん。貸スタジオもあります。
  • (株)こおろぎ社
    僕の愛器(マリンバ)を作ってくださった、こおろぎ社。心くすぐる、おだやかであったかい音。
  • 萱谷亮一
    芸大同級生、あちこち大活躍なパーカッショニスト。畑違えど、志は同じ。彼の存在は励みになります。
  • 神代修
    なぎさブラスゾリステンのボス、日本を代表するトランペッター。素晴らしきパパさん音楽家で、相変わらず良きチョイ悪。(笑)
  • 佐竹由美
    由美と書いて「なおみ」さん。日本を代表する素晴らしいソプラノ歌手です。あったか〜いソプラノ。暖。
  • 竹原美歌
    スウェーデン在住の打楽器奏者。ソリストとして元気に活動、可愛らしくも力強い心意気に、ファン多し!! 
  • 早川りさこ
    N響ではもちろん、二人でのDuoでも仲良くさせていただいています。あぁ、天は二物を与えちゃったね〜。
  • 二ツ木千由紀
    独特な魅力のセレブなパーカッショニスト、chiyukiさん。キラリセンス光る数々の言動は、みんなの注目の的!!
  • Yuko
    呑み仲間、OL Yukoのページ。天真爛漫、品良くテンション高めなのに、隅々まで気配りないいヤツです。
無料ブログはココログ

« 帰京中 | トップページ | Midnight Breeze »

大人って。。。

東京生活に戻りました。
ん〜。東京って、便利だけど、、、「便利!!」に「だけど」が付く。(笑)
やっぱ、せかせかしとるわ。のんびりの「の」の字もない。
呼吸が浅くなってる自分に気づきました。

今日は昼間からちょい仕事とリサイタルの練習。
晩飯は、よく行くお寿司屋さん。
ここは、まぁ、いわゆるっちゃあいわゆるなチェーン店なんだけど、
仲良くしてくれてる板さん2人と気の良いバイト君がいて、
ついついお世話になっています。

ただ、今日は仲良し板さんの1人は休み、もう1人とバイト君は
別の場所にいて、カウンターはあまり知らない板さんだらけ。
まぁ、いいか、とりあえず腹減った!! と席に着くと。。。

酩酊状態のご婦人が独り、大声で戯言をぶちまけてました。
あの、ほらさ、もうわけわかんなくなっちゃってる、あれね。(笑)
周りの客に説教するわ、喰わない上寿司を5〜6回注文するわ、、、
もう、わけわかんなくなっちゃってるから、気を悪くした隣のお客さんの
叱責も聞こえてないし、完全に手に負えないというか、
迷惑行為の域に達していたわけです。

この段階でさ、お店は何か手を打ってもよくない?
店長も、板長もいたのに、プチ逆ギレしたり聞こえないふりしたり、
相手が逆上するようなことしかしない。
我々お客は、そんな状況で美味しく喰えるわけがないし、
し〜んとしている店内で、ご婦人の酩酊ゼリフが響き渡る。

今日は失敗だったな、さっさと喰って帰るかと思っていたら、
僕の好きな板さんとバイト君が登場。
「お客さ〜ん、よっく呑みますね〜。俺、そんな呑めないなぁ。」
「俺、うっまいお茶入れますよ。アッツアツでね。」
と、止まっていた空気を見事に動かし、相手にしてもらえて気をよくしたご婦人は、
彼らの「飲み過ぎだから、今日はもう帰ったら?」的なセリフに
「そうね〜。ごちそうさま。みんなごめんね〜。」と
千鳥足で帰って行かれました。

ん〜、改めて、見直した!! 良い二人だ!!
僕が見込んだだけある!! (偉そう、汗)

すぐさま店長も板長も、「ああいう大人ってね〜。」と、周りのお客を取り繕うと
して、いきなり威勢がよくなって、周りのお客もホッとして注文しだしましたが、、、

店長!! 板長!! あんたらがホッとしてんじゃね〜よ!! ホッと〜!!

申し訳ないけど、今日僕の寿司を握ってくれた板長と店長を一瞥し、
今日はあまり話せなかった仲良し板さんとバイト君に
「ごちそうさま〜!!」と帰ってきました。
ちょい嫌み?(笑)

大人ってさ。。。 「ああいう大人」ってなんだ?

僕は、プロって何だろうってよく考えるし、
考えるためにも、色んなプロ像を色んな場で観察してるんだけど、
今日はちょっと衝撃的でした。
仲良し板さんの交わし方はもちろんのこと、若いバイト君の計らいは
見事でした。パッと来てパッと状況判断してパッと行動する。
おろおろしている「長」の字が付いた方々は、そんな接客方法も知らずに
「長」の字を付けてもらっているんでしょう。「上」に。
仲良し板さんとバイト君が、結果的にその酩酊婦人を帰したこと、というよりも、
酩酊婦人をも含めた全ての状況を判断した上で、店を盛り上げる手段をとった、
ということに、僕は感心しました。
まぁ、ホントは普通なんだけどね。

ほ〜っ、面白かった。勉強になった。
やっぱ仲良しな彼らが居てくれるときをねらって行かなきゃな。
でも、チェーン店って、それが出来にくいんだよね〜。
独特なシフトみたいのがあるっしょ?
店には出てるけど、違うところにいるとか、さ。

ん〜、独りもんにとっては、「良い店」ってかなり大事だから。
鼻が効くで有名(?)なワタクシでも、難しいっす。東京は。

« 帰京中 | トップページ | Midnight Breeze »

コメント

本当の優しさ、思いやりってなんだろう・・・?

今回の文章を読んで、そんな事を考えてしまいました。
行きつけのおすし屋さんの、仲良し板さんと若いバイト君の思いやりのある取り計らいは、彼等の本当の真心を感じさせる、素晴らしいものだと思います。

人それぞれ、人生があります。泥酔して人にやつ当たってしまった主婦の方にも、発言を渋った店長、板長にも・・。
勿論私達にも・・。
私達は、それぞれを生きてきた人生の中で、それぞれの思いやりだったり、優しさだったり、道徳観を学んでくるのですが、時に、優しさや思いやりは、偽善になる時もあり、「私がやってあげたんだから、見返り頂戴」という事もあるのです。

例えば、電車の中でお年寄りに座席を譲る行為にしても、アカラサマに周りの人達にも巻き添えさせるようなものではなくて、本当の優しさは、見えない所で、何気にすっと立ち上がる、
譲られる方は、偶々、そこに席が空いたのだと思わせるという、見えない気使いの出来る方こそ、真の思いやりがあるのではと思います。

私は、酒を飲んで、泥酔状態で人に絡みよってきた主婦には、ある種同情の念を抱きます。
彼女には、抱えきれない問題を、酒の海に沈めてしまいたいのでしょう・・。
酒は人をだめにして、平常心を失わせてしまう・・。
その危険に対して見境無く超えつつ゛けるのです。例え多くの人達に迷惑をかけようと、自分自身の苦しみが、誰にわかってもらえよう!!という気持ちの方が強いのです・・。

私の祖母が一時期そうでした。彼女は抱えた苦しみを酒の海に流し込んでいたのです。
さすがにその主婦のように店で客に八つ当たりまでする事はしなかったにしろ、祖母のお陰で我が家は何時も暗い日々だった事を記憶しています。

実際この世の中で生きていく事は、辛い事だらけですよ!!!そういった事を忘れさせてくれるのは、酒しかないという気持ちも解らないでもないのです。

その辛い世の中の縮図みたいなのが、『東京』だと、私は思います。
私は新宿駅へ降り立つたび、異様な吐き気を覚えるのです・・。
でも彼らはその中で、一生懸命生きている!!
だから私がもし、竹島さんのようなシチュエーションにいたとしたら、仲良し板さんや若いバイト君だけでなく、板長さん達、お客さん達、全ての人達に対して共感するだろうな・・・。

はじめまして!
山蔭さんの所から飛んで来ました。

『プロ』って何でしょうね。

我が道を行くこと?
守りに入ること?

今は、ドライバーをしてますが、昔は少し魚屋で板についてました。

その時に、感じたのが『誰の為にやってるの?』って事です。

例え、お客さんが少なくても開店前には、一通り品を列べているのが、プロとして、お客さんへのご挨拶。
それを、怠ると益々、お客さんは離れて行ってしまうし、雰囲気の悪い店になってしまう。

広告も大事ですが、やはりお客さんとの繋がりや信頼関係をどのようにして築くかだと思います。

魚は、時期によって値が大きく変わります。
お客さんが、食べたい時には損覚悟で持って帰って頂く、損の部分は他でカバーすれば何の問題もありません。

こちらが、こだわればお客さんも、うちを認めてくれるし、多少、値が上がっていても持って帰ってくれる。
その変わり、こちらも痛みを受け入れなけば、お客さんはついて来てくれないですよね。

状況判断は難しいとは思いますが、やはり他のお客さんの迷惑になるのであれば早めに手を打つべきだと思います。

みんな、いろいろな事を抱えているのですから。

Pierrot le fou さま
いつも、真剣なコメントをありがとう。考えさせられます。もしかして、それこそブログを始められてみては?

夢虎さま
こんにちは!! いつも、ヤマカゲさんのところでお世話になってます。来ていただけて光栄です〜!!
板さんだったことがあるんですか? うおっ、かっこいいなぁ。これからも、よろしくお願いします!!

職種が何であれ、立場がどうであれ、同じ人間。この世の中、頑張って生きていきましょう!!

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/186300/11750409

この記事へのトラックバック一覧です: 大人って。。。:

« 帰京中 | トップページ | Midnight Breeze »