演奏会のご案内(N響以外)

  • 2011/11/01 東京オペラシティリサイタルシリーズB→C 第136回公演
    東京オペラシティ文化財団が主催するリサイタルシリーズ「B→C(ビートゥーシー/バッハからコンテンポラリーへ)」の第136公演のソリストに採り上げていただきました。歴史あるリサイタルシリーズへの参加を大変光栄に思い、武者震いしながら準備に励んでいます。 Sound gardenとは一味違ったステージを展開する予定。みなさま、是非遊びにいらしてください!!

竹島悟史リサイタルシリーズ Sound garden

  • 003 竹島悟史 Sound garden vol.3 “Reunion”大成功!!
    2010年12月7日、サントリーホール・ブルーローズ(小ホール)にて、リサイタル第三弾を行いました。「Reuinon=再会」をテーマに掲げ、ゲスト浦壁信二、森浩司両氏の2台ピアノと共に、存分に楽しみました。自他作コンチェルト4曲や、僕も含めた3人でのピアノ6手連弾、マリンバソロと、盛りだくさんな内容でしたが、お客様には大いにお喜びいただけて、拍手喝采が鳴り止みませんでした。本当に楽しかった。ありがとう!!
  • 002 竹島悟史 Sound garden vol.2 "crossing" あたたかく終了!!
    2008年10月7日、第2回目リサイタルを行いました。ソプラノ佐竹由美、ハープ早川りさこ、チェロ銅銀久弥という、偉大な音楽家である素敵な仲間たちと一緒に作り上げたステージは、のちにたくさんのお客様からいただいた「心の底まであたたまる時間をありがとう」というお言葉に包まれて終演しました。 こちらこそ、あたたかいご声援をありがとう。
  • 001 竹島悟史 Sound garden vol.1 "Let's!!" 大盛況のうち終了!!
    2006年9月26日、初めてのリサイタルを行いました。 記念すべき第一回 "Let's!!" は、マリンバと作曲をメインに企画。 ご来場頂いたみなさまのおかげで、会場中に「僕の庭」を表現出来ました。 本当にありがとうございました!!

LINKS

  • NHK交響楽団
    所属するNHK交響楽団のページ。
  • 株式会社1002
    僕のリサイタルシリーズ"Sound garden"の制作を担当してくださっている音楽事務所。究極のサポート、あったかすぎ。
  • Percussion Unit "UNZARI"
    参加するUNZARIのページ。最高の仲間と「遊びのち遊び、ところにより音楽」
  • Japan Percussion Center
    日本最大の打楽器屋さん。何と言ってもまずはここ。お世話になっております
  • プロフェッショナル・パーカッション
    こちらは、日本最大の打楽器レンタル屋さん。貸スタジオもあります。
  • (株)こおろぎ社
    僕の愛器(マリンバ)を作ってくださった、こおろぎ社。心くすぐる、おだやかであったかい音。
  • 萱谷亮一
    芸大同級生、あちこち大活躍なパーカッショニスト。畑違えど、志は同じ。彼の存在は励みになります。
  • 神代修
    なぎさブラスゾリステンのボス、日本を代表するトランペッター。素晴らしきパパさん音楽家で、相変わらず良きチョイ悪。(笑)
  • 佐竹由美
    由美と書いて「なおみ」さん。日本を代表する素晴らしいソプラノ歌手です。あったか〜いソプラノ。暖。
  • 竹原美歌
    スウェーデン在住の打楽器奏者。ソリストとして元気に活動、可愛らしくも力強い心意気に、ファン多し!! 
  • 早川りさこ
    N響ではもちろん、二人でのDuoでも仲良くさせていただいています。あぁ、天は二物を与えちゃったね〜。
  • 二ツ木千由紀
    独特な魅力のセレブなパーカッショニスト、chiyukiさん。キラリセンス光る数々の言動は、みんなの注目の的!!
  • Yuko
    呑み仲間、OL Yukoのページ。天真爛漫、品良くテンション高めなのに、隅々まで気配りないいヤツです。
無料ブログはココログ

« 充実。 | トップページ | そばパーティー! »

英語、ね。

引き続き、サイトウキネン中です。

今日は、明日のオーケストラコンサートの為のリハーサル最終日。
このコンサートのリハーサルは3日間でしたが、
ホント、朝から晩まで、ず〜っとビッシリとことん練習しました。(汗)(笑)

く、くたびれたぁ〜。

指揮はアラン・ギルバートさん。N響でもご一緒したことがある、素晴らしい指揮者です。
汗まみれになって、厳しい眼差しでオーケストラをぐいぐい引っ張る。大曲の似合う大きなお兄さん(?)です。
曲はマーラーの交響曲第5番他。明日の本番が楽しみです。

さて。
このサイトウキネンには、世界各地のスーパープレーヤーがたくさん参加しています。

なので、公用語は英語。

もちろん、N響でもリハーサル中に指揮者が使う言葉は英語やドイツ語なので、音楽用語に関してはあまり問題はないのですが、、、

例えば、お金の難しいことからスケジュールにまつわる業務連絡なども、日本語の補足説明が入ることもありますが、まずは英語なんですね。
これが意外に大変。脳みそグルグル回してます。

ホント、日本の教育には、もっと「使える英語」が必要だ!

あ〜ぁ、僕も何かしらやらなきゃなぁ。
相手が何を言っているかは何となくわかっても、自分の言いたいことが全く言えなくなっちゃうから、会話のリズムが成り立たないんですよね。
いつも「もっと話せたらな。」と思うので、
ん〜、何かやるかなぁ。。。

« 充実。 | トップページ | そばパーティー! »

コメント

そうですね・・私たちが専門にしている分野というものは、日本の伝統に根つ゛いたものではなくて、あくまでも西洋文化の一端であるがゆえ、どうしても、語学を学ぶ事は必要なのだと思います。
私も某国立劇場での研修中は指導教師の殆どがアメリカやイギリスの先生方だった為、授業の8割が英語でした・・・。
時に通訳のフォローが入るとはいっても、大抵は自力で会話をしなければならなかった・・・でもある意味鍛えられたと思います。(感謝)

私は西洋音楽を専攻する方々にとって、語学を学ぶ事は絶対に必要だと思いますし、自分もつくつ゛く、痛感させられるのです・・。

あらゆる音楽には、その国その国の、文化や言語というものが、かなり反映していると思います。
バッハならドイツ、ロッシーニならイタリア、チャイコフスキーならロシア、コープランドならアメリカ・・等など・・・。

実際それぞれの音楽に、それぞれの言語を当てはめて聞くと、何故そういう音楽や、メロディーが生まれたのかという根源を耳で感じる事が出来るのですから!!

そういった事を体系的に知るのと知らないのとでは、確実に演奏が違うと思います・・。

だから、言語の壁というのは、声楽家だけが感じるものではなくて、音楽を主としている方々も常に意識すべき事だと私は思うのです。

竹島さんはきっとその事の重要性に気つ゛かれたのでしょう!!
だとしたら、音楽家の皆様は見習うべき事だと思いますよ!!

SKOお疲れさんでしたぁ!
短い間でしたけど今年も楽しかった、ありがとうございました。

エイゴはこういう業界にいると確かに必要言語ですね。

ただこんな事を心がけると、けっこうエイゴに強くなるかも。オレが竹島くんの年頃(?)に必死こいてやったのは
「英語ネイティブじゃない人を片っ端からつかまえて会話する〜お互い外国語同士なので相手も気遣ってゆっくりしゃべる」
「しかもいろんな国の人と話す〜いろんな発音に慣れる。勿論たまにアメリカ人に当たると直球で攻めてくるからかなり鍛えられるし、彼らは英語にプライドがあるのでいろいろ教えてくれたりもする」
「それら友達がよく使う言い回しを辞書で引いて意味を覚える」
「英語のラジオニュースを徹底的に聞く〜ラジオニュースって例えば1時間ごとにやるけど、同じニュースを何度も聞けるのでヒアリングには最適、しかもネイティブスピードなので耳鍛えるのにもイイ」

日本に居るとアメリカ英語が全てのように感じるけれどエイゴは今や世界語、人によっていろんな言い回しや発音の癖がある言語なので、最終的に「自分語」的なものを持てば、それで良いんではないかというテキトーな生き方、してます(爆)


フカマチさま
遅ればせながら、いらっしゃいませ!!
先日はお世話になりました。
そう、「自分語」ね。いいっすよね。
僕の音楽活動自体が、あっちゃこちゃなので(笑)、
言葉もあっちゃこちゃ話せるようになれたらいいなぁ。
何かの手段を見つけてみます。
これからも、よろしくです〜!!

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/186300/11711598

この記事へのトラックバック一覧です: 英語、ね。:

« 充実。 | トップページ | そばパーティー! »