演奏会のご案内(N響以外)

  • 2011/11/01 東京オペラシティリサイタルシリーズB→C 第136回公演
    東京オペラシティ文化財団が主催するリサイタルシリーズ「B→C(ビートゥーシー/バッハからコンテンポラリーへ)」の第136公演のソリストに採り上げていただきました。歴史あるリサイタルシリーズへの参加を大変光栄に思い、武者震いしながら準備に励んでいます。 Sound gardenとは一味違ったステージを展開する予定。みなさま、是非遊びにいらしてください!!

竹島悟史リサイタルシリーズ Sound garden

  • 003 竹島悟史 Sound garden vol.3 “Reunion”大成功!!
    2010年12月7日、サントリーホール・ブルーローズ(小ホール)にて、リサイタル第三弾を行いました。「Reuinon=再会」をテーマに掲げ、ゲスト浦壁信二、森浩司両氏の2台ピアノと共に、存分に楽しみました。自他作コンチェルト4曲や、僕も含めた3人でのピアノ6手連弾、マリンバソロと、盛りだくさんな内容でしたが、お客様には大いにお喜びいただけて、拍手喝采が鳴り止みませんでした。本当に楽しかった。ありがとう!!
  • 002 竹島悟史 Sound garden vol.2 "crossing" あたたかく終了!!
    2008年10月7日、第2回目リサイタルを行いました。ソプラノ佐竹由美、ハープ早川りさこ、チェロ銅銀久弥という、偉大な音楽家である素敵な仲間たちと一緒に作り上げたステージは、のちにたくさんのお客様からいただいた「心の底まであたたまる時間をありがとう」というお言葉に包まれて終演しました。 こちらこそ、あたたかいご声援をありがとう。
  • 001 竹島悟史 Sound garden vol.1 "Let's!!" 大盛況のうち終了!!
    2006年9月26日、初めてのリサイタルを行いました。 記念すべき第一回 "Let's!!" は、マリンバと作曲をメインに企画。 ご来場頂いたみなさまのおかげで、会場中に「僕の庭」を表現出来ました。 本当にありがとうございました!!

LINKS

  • NHK交響楽団
    所属するNHK交響楽団のページ。
  • 株式会社1002
    僕のリサイタルシリーズ"Sound garden"の制作を担当してくださっている音楽事務所。究極のサポート、あったかすぎ。
  • Percussion Unit "UNZARI"
    参加するUNZARIのページ。最高の仲間と「遊びのち遊び、ところにより音楽」
  • Japan Percussion Center
    日本最大の打楽器屋さん。何と言ってもまずはここ。お世話になっております
  • プロフェッショナル・パーカッション
    こちらは、日本最大の打楽器レンタル屋さん。貸スタジオもあります。
  • (株)こおろぎ社
    僕の愛器(マリンバ)を作ってくださった、こおろぎ社。心くすぐる、おだやかであったかい音。
  • 萱谷亮一
    芸大同級生、あちこち大活躍なパーカッショニスト。畑違えど、志は同じ。彼の存在は励みになります。
  • 神代修
    なぎさブラスゾリステンのボス、日本を代表するトランペッター。素晴らしきパパさん音楽家で、相変わらず良きチョイ悪。(笑)
  • 佐竹由美
    由美と書いて「なおみ」さん。日本を代表する素晴らしいソプラノ歌手です。あったか〜いソプラノ。暖。
  • 竹原美歌
    スウェーデン在住の打楽器奏者。ソリストとして元気に活動、可愛らしくも力強い心意気に、ファン多し!! 
  • 早川りさこ
    N響ではもちろん、二人でのDuoでも仲良くさせていただいています。あぁ、天は二物を与えちゃったね〜。
  • 二ツ木千由紀
    独特な魅力のセレブなパーカッショニスト、chiyukiさん。キラリセンス光る数々の言動は、みんなの注目の的!!
  • Yuko
    呑み仲間、OL Yukoのページ。天真爛漫、品良くテンション高めなのに、隅々まで気配りないいヤツです。
無料ブログはココログ

« 準備 | トップページ | うを〜!! »

打楽器奏者

ただいま、9月22日 27:00くらい。(これから、こう表記しようかな。)


うわぁ、濃い一日だったぁ。。。

午前中から昼過ぎまで、N響ゲネプロ(本番日の直前リハーサル)。
飯喰って〜、髪切って〜、リサイタルの衣装買って〜、、、
夜はN響定期本番。終演後、家の近くのスタジオでリサイタルの練習。
こんな夜中に夕飯喰うか迷ったけど、しっかり喰って(笑)帰宅しましたぁ。

オーケストラの打楽器奏者って、色んな楽器をやらなきゃいけないんです。
大太鼓も小太鼓もシンバルもトライアングルもカスタネットも木琴も鉄琴もチャイムも銅鑼もコンガもタンバリンもギロもマラカスも、、、はたまた、植木鉢を叩くとか、縄跳びを頭上で回すとか、鳥笛を吹くとか、線路の切れ端を叩くとか、紙をやぶるとか、ステージの床に重たいハンマーを振り下ろすとか、、、全て本当に実在するんですよ、、、挙げだしたらキリがない!!
これら全て、僕ら打楽器奏者が担当するわけですが、それぞれの楽器に対して接する意識や身体の使い方、テクニックは、全く違ってくるわけです。両手にカスタネットを持つのと、両手にシンバルを持つのとでは、何となく違いそうでしょ?
で、例えば一つのコンサートが三曲で成り立っている場合、各曲で担当する楽器が変わったりもします。
一曲はシンバル、一曲はトライアングル、一曲は木琴、みたいに。
どの曲のどの音も、一つ一つ意味や音色や音量のバランスなどを考えながら、かなり微妙なコントロールをしながら演奏しているので、精神的にはもちろん、肉体的にも身体の隅々まで使わないと「音」になりません。
庭に大穴を掘った1分後、針穴に糸を一発で通す、に似たことをしていたりするわけですね。

ね〜? 大変そうでしょ〜?(汗)(笑)(汗)(笑)(笑)

今のN響定期では、一曲木琴、一曲シンバルを担当。リサイタルの準備はマリンバが主。一昨昨日からの生活は、それらを行き来。
今日は、いけいけ木琴とじゃんじゃかシンバルの本番の後、センシティブなマリンバの練習をしてきた、ということになるわけです。

ん〜、きつい。(笑)

あちこちの筋肉が疲れてる感じ。またもや鍛わったか、という、充実感に近い疲労感ともいえるか?
こういうときは、ちゃんとストレッチしないと、ね。
明日もいい音出したい!!

ね。打楽器奏者って、特に肉体力も大事なんです。

あ!! 待った!! 肉体力「も」ですよ〜!!(笑)


さ、ストレッチしたら、ちょっとだけガソリン入れて、寝よう。
明日も頑張るぞ〜!!

« 準備 | トップページ | うを〜!! »

コメント

お疲れ様でした。楽器奏者、、特に打楽器奏者はプロの料理人みたいですね。1つの楽器の奏法はいろいろ。基本奏法(基本の調理道具)があって、さらに新しい奏法(道具の使い方)を発見する。フライパンはいつも炒めるために使うわけではないし、今は電気釜もご飯を炊く以外の目的で使うのですからね。

一見、打楽器って楽しそう!!って思いますが、他の楽器以上の気持ちの配慮が必要ですよね。ところで1つの作品に対して今までで
最高いくつの楽器を受け持ったのですか??
今日も公演ですね。頑張ってくださーい!!

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/186300/12001654

この記事へのトラックバック一覧です: 打楽器奏者:

« 準備 | トップページ | うを〜!! »