演奏会のご案内(N響以外)

  • 2011/11/01 東京オペラシティリサイタルシリーズB→C 第136回公演
    東京オペラシティ文化財団が主催するリサイタルシリーズ「B→C(ビートゥーシー/バッハからコンテンポラリーへ)」の第136公演のソリストに採り上げていただきました。歴史あるリサイタルシリーズへの参加を大変光栄に思い、武者震いしながら準備に励んでいます。 Sound gardenとは一味違ったステージを展開する予定。みなさま、是非遊びにいらしてください!!

竹島悟史リサイタルシリーズ Sound garden

  • 003 竹島悟史 Sound garden vol.3 “Reunion”大成功!!
    2010年12月7日、サントリーホール・ブルーローズ(小ホール)にて、リサイタル第三弾を行いました。「Reuinon=再会」をテーマに掲げ、ゲスト浦壁信二、森浩司両氏の2台ピアノと共に、存分に楽しみました。自他作コンチェルト4曲や、僕も含めた3人でのピアノ6手連弾、マリンバソロと、盛りだくさんな内容でしたが、お客様には大いにお喜びいただけて、拍手喝采が鳴り止みませんでした。本当に楽しかった。ありがとう!!
  • 002 竹島悟史 Sound garden vol.2 "crossing" あたたかく終了!!
    2008年10月7日、第2回目リサイタルを行いました。ソプラノ佐竹由美、ハープ早川りさこ、チェロ銅銀久弥という、偉大な音楽家である素敵な仲間たちと一緒に作り上げたステージは、のちにたくさんのお客様からいただいた「心の底まであたたまる時間をありがとう」というお言葉に包まれて終演しました。 こちらこそ、あたたかいご声援をありがとう。
  • 001 竹島悟史 Sound garden vol.1 "Let's!!" 大盛況のうち終了!!
    2006年9月26日、初めてのリサイタルを行いました。 記念すべき第一回 "Let's!!" は、マリンバと作曲をメインに企画。 ご来場頂いたみなさまのおかげで、会場中に「僕の庭」を表現出来ました。 本当にありがとうございました!!

LINKS

  • NHK交響楽団
    所属するNHK交響楽団のページ。
  • 株式会社1002
    僕のリサイタルシリーズ"Sound garden"の制作を担当してくださっている音楽事務所。究極のサポート、あったかすぎ。
  • Percussion Unit "UNZARI"
    参加するUNZARIのページ。最高の仲間と「遊びのち遊び、ところにより音楽」
  • Japan Percussion Center
    日本最大の打楽器屋さん。何と言ってもまずはここ。お世話になっております
  • プロフェッショナル・パーカッション
    こちらは、日本最大の打楽器レンタル屋さん。貸スタジオもあります。
  • (株)こおろぎ社
    僕の愛器(マリンバ)を作ってくださった、こおろぎ社。心くすぐる、おだやかであったかい音。
  • 萱谷亮一
    芸大同級生、あちこち大活躍なパーカッショニスト。畑違えど、志は同じ。彼の存在は励みになります。
  • 神代修
    なぎさブラスゾリステンのボス、日本を代表するトランペッター。素晴らしきパパさん音楽家で、相変わらず良きチョイ悪。(笑)
  • 佐竹由美
    由美と書いて「なおみ」さん。日本を代表する素晴らしいソプラノ歌手です。あったか〜いソプラノ。暖。
  • 竹原美歌
    スウェーデン在住の打楽器奏者。ソリストとして元気に活動、可愛らしくも力強い心意気に、ファン多し!! 
  • 早川りさこ
    N響ではもちろん、二人でのDuoでも仲良くさせていただいています。あぁ、天は二物を与えちゃったね〜。
  • 二ツ木千由紀
    独特な魅力のセレブなパーカッショニスト、chiyukiさん。キラリセンス光る数々の言動は、みんなの注目の的!!
  • Yuko
    呑み仲間、OL Yukoのページ。天真爛漫、品良くテンション高めなのに、隅々まで気配りないいヤツです。
無料ブログはココログ

« 秋空に想ふ | トップページ | ふわぁ〜っ。 »

怖かったもの

頭はリサイタルやN響のことでいっぱいなんだけど、
自分の為に敢えて他愛のない話。(笑)


昔、怖かったもの〜!! じゃ〜ん!!

・地震
 そりゃそうだ。今だって油断しているわけではなく、ちゃんと危機管理をね。
ただ、小さい頃は震度1くらいの小さな揺れでも、ぎゃーぎゃー騒いでました。震度3とか4とかになろうものなら、家の狭い階段を三段飛ばしするくらいの勢いで、親の元に駆け込んでた。
ああいう時の子供って、ホントよく転ばないよな。

・昔の実家の二階
 小学校4年生か5年生のころ、今の実家に引っ越したのですが、その引っ越す前の家の話。
家族の寝間着一式がかごに入って、階段を上りきった二階の踊り場に置いてあったんです。夜、風呂の時間になると、その寝間着かごを持ってくるのが、僕の役目でした。その階段は90度カーブしていて、一階から見上げてもかごは見えないわけです。90度曲がって、5〜6段上ると、やっと手に届く。その、90度曲がった先というのは、まぁ闇、闇、闇。雨戸もカーテンも全部閉まってるわけですから、当然ですよね。これが怖かった。なんか物音がしたんじゃないか。みたいなね。

・テレビの「しばらくお待ちください」
 最近はほとんど無くなったみたいですね〜。「しばらくお待ちください」
番組の途中で、テレビ局で何か不具合が起こったりすると、突然前触れもなくシ〜ンとして「しばらくお待ちください」の画面が登場する。バックの色も、紫だかピンクだか、何とも言えなく怖い色だったような。僕の記憶では、夕方にやっているドラマの再放送とかで多かった気がするなぁ。で、何故か、他のチャンネルに変えられない。よっぽど凍ってたんだろな。雨の日、独りで留守番してる時なんて、最悪〜!!

・ホテルのお風呂と、広〜いトイレ
 僕は、小さい頃から国内外問わず、あちこちに演奏旅行に行っていたもので、、、生意気ながらも、ホテル生活というのは経験が長いんですね。
 小学生の頃から、あちこちのホテルのシングルルームに独り寝かされました。
贅沢? いやいや、怖かった〜!!
部屋のユニットバスが怖くて、ほら、海外とかだと、風呂桶の中で身体洗わなきゃいけないし、シャワーの勝手とか違うでしょ? 蛇口からお湯を出そうと思ったら、上からザバ〜ッ!!とかさ。なかなか入れませんでした。
あと、ロビーとかにある、あの、広〜いトイレ。扉を開けると、まず洗面台が幾つもある広〜い広間。(笑) また扉を開けると、ずら〜っと並ぶ小便器。これまた、どこからともなく水が流れる音とかするんですよね〜。頭上にタンクがあったりすると、もう最悪。そのまた奥にある個室エリアになんて、腹をこわしててでも行きたくなかったです。はい。


まだまだありそうだなぁ。あったよなぁ。
え? 今、怖いもの?
ん〜、、、なんだろう。。。
天災はもちろんだけど、、、あ、飛行機に乗るときには、多少たりとも緊張するかも。
ホテルは、広ければ広いほうがいい〜〜〜〜〜〜!!(笑)

みなさんも、あるでしょ〜。ありますよね〜?

« 秋空に想ふ | トップページ | ふわぁ〜っ。 »

コメント

私の怖いものは母ちゃんの怒った顔です・・・

うっひゃー。
わかるわかる!「しばらくお待ちください」!!
私も、あれ、もんのすごく怖かった!!
本当に突然くるもんね。現実の世界から急に奈落に突き落とされたような感覚だった。凍るよ~。
記憶に残っているのは、CMで(昔あった袋麺、中華三昧のコマーシャルだった)カンフーを踊っているシーン・・・・
局の誰かがブチッと電源おとしちゃったのか?コード踏んだとか?(かなり原始的?)レコードかけてるときに突然電源おとしちゃったみたいに、
チャンチャカチャ~~~ア~ァ~~ン・・・・・・・・・・・・・
画面がスローになり、暗くなり、カンフーのポーズのままの静止画で止まった・・・・・。
今思うとかなり笑える画像だったけど、その時はわたしの心臓もそれと同時に止まりそうになってしまった。あ~~~あれ、びっくりしたわ。
最近はホントに見ないね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/186300/11848075

この記事へのトラックバック一覧です: 怖かったもの:

« 秋空に想ふ | トップページ | ふわぁ〜っ。 »