演奏会のご案内(N響以外)

  • 2011/11/01 東京オペラシティリサイタルシリーズB→C 第136回公演
    東京オペラシティ文化財団が主催するリサイタルシリーズ「B→C(ビートゥーシー/バッハからコンテンポラリーへ)」の第136公演のソリストに採り上げていただきました。歴史あるリサイタルシリーズへの参加を大変光栄に思い、武者震いしながら準備に励んでいます。 Sound gardenとは一味違ったステージを展開する予定。みなさま、是非遊びにいらしてください!!

竹島悟史リサイタルシリーズ Sound garden

  • 003 竹島悟史 Sound garden vol.3 “Reunion”大成功!!
    2010年12月7日、サントリーホール・ブルーローズ(小ホール)にて、リサイタル第三弾を行いました。「Reuinon=再会」をテーマに掲げ、ゲスト浦壁信二、森浩司両氏の2台ピアノと共に、存分に楽しみました。自他作コンチェルト4曲や、僕も含めた3人でのピアノ6手連弾、マリンバソロと、盛りだくさんな内容でしたが、お客様には大いにお喜びいただけて、拍手喝采が鳴り止みませんでした。本当に楽しかった。ありがとう!!
  • 002 竹島悟史 Sound garden vol.2 "crossing" あたたかく終了!!
    2008年10月7日、第2回目リサイタルを行いました。ソプラノ佐竹由美、ハープ早川りさこ、チェロ銅銀久弥という、偉大な音楽家である素敵な仲間たちと一緒に作り上げたステージは、のちにたくさんのお客様からいただいた「心の底まであたたまる時間をありがとう」というお言葉に包まれて終演しました。 こちらこそ、あたたかいご声援をありがとう。
  • 001 竹島悟史 Sound garden vol.1 "Let's!!" 大盛況のうち終了!!
    2006年9月26日、初めてのリサイタルを行いました。 記念すべき第一回 "Let's!!" は、マリンバと作曲をメインに企画。 ご来場頂いたみなさまのおかげで、会場中に「僕の庭」を表現出来ました。 本当にありがとうございました!!

LINKS

  • NHK交響楽団
    所属するNHK交響楽団のページ。
  • 株式会社1002
    僕のリサイタルシリーズ"Sound garden"の制作を担当してくださっている音楽事務所。究極のサポート、あったかすぎ。
  • Percussion Unit "UNZARI"
    参加するUNZARIのページ。最高の仲間と「遊びのち遊び、ところにより音楽」
  • Japan Percussion Center
    日本最大の打楽器屋さん。何と言ってもまずはここ。お世話になっております
  • プロフェッショナル・パーカッション
    こちらは、日本最大の打楽器レンタル屋さん。貸スタジオもあります。
  • (株)こおろぎ社
    僕の愛器(マリンバ)を作ってくださった、こおろぎ社。心くすぐる、おだやかであったかい音。
  • 萱谷亮一
    芸大同級生、あちこち大活躍なパーカッショニスト。畑違えど、志は同じ。彼の存在は励みになります。
  • 神代修
    なぎさブラスゾリステンのボス、日本を代表するトランペッター。素晴らしきパパさん音楽家で、相変わらず良きチョイ悪。(笑)
  • 佐竹由美
    由美と書いて「なおみ」さん。日本を代表する素晴らしいソプラノ歌手です。あったか〜いソプラノ。暖。
  • 竹原美歌
    スウェーデン在住の打楽器奏者。ソリストとして元気に活動、可愛らしくも力強い心意気に、ファン多し!! 
  • 早川りさこ
    N響ではもちろん、二人でのDuoでも仲良くさせていただいています。あぁ、天は二物を与えちゃったね〜。
  • 二ツ木千由紀
    独特な魅力のセレブなパーカッショニスト、chiyukiさん。キラリセンス光る数々の言動は、みんなの注目の的!!
  • Yuko
    呑み仲間、OL Yukoのページ。天真爛漫、品良くテンション高めなのに、隅々まで気配りないいヤツです。
無料ブログはココログ

« 2006年8月 | トップページ | 2006年10月 »

赤い辛い!!

今日は、N響オーチャード定期のリハーサル初日。
渋谷のオーチャードホールで行われている定期公演ですね。
そして、今回のプログラムと、次回N響10月A定期のプログラムを持って、その直後10/12-10/25のN響アメリカ公演に行きます。うっひゃぁ〜、もうすぐだぁ。。。
なので、今日から10/25の帰国まで、ず〜っと同じメンバーでの仕事となります。
ん〜、長期戦!! みんな、頑張りましょう!!
演奏はもちろんのこと、演奏以外の事務的作業や、楽器衣装の運搬の確認、ビザ申請のための大使館への訪問、、、やらなきゃいけないことは、やっぱり山積みです。
ホント、今の時期にアメリカへ演奏旅行に出かけるというのは、色んな意味で緊張しますが、無事に帰国できることを願って、油断せずに行動しなきゃですね。アメリカにいる、たくさんの友達に会ってこれるかなぁ。

さて、久々に生活臭ただよう?話題を。(笑)
N響練習場のとなりには、めっちゃくちゃ美味しい韓国料理屋さんがあります。かなり有名みたいだな。
最近の昼ご飯は、そこばっかりになっています。(以前お世話になっていた洋食屋さん、ごめんなさい!! また行くからね!!)
僕は、昔から「赤い辛い」がどうも苦手で、キムチとか唐辛子ものは、あんまり好んで食べませんでした。たまに焼き肉屋さんに行って、ヒ〜ヒ〜汗と涙を流しながら、ユッケジャンを食べてみたりはしていましたが。。。
逆に、「緑の辛い」や「黄色い辛い」は、もともとかなり好きで、中学生の頃から、お寿司の醤油皿はどちらかというと茶色?になっていました。(わさび、でね。)
でも、ここ一年くらい、「赤い辛い」が無性に食べたくなるようになったんです!!
みんなには、「身体が元気なんだね。」とか「身体のどっかがおかしいんじゃないの?」とか、色々言われますが、、、とにかく欲する欲する。
「美味しい辛い」が好きっすね。当たり前か。
ビリビリただ辛いのは、ちょっとあんまりですが(でも嫌いじゃなくなった)、コク旨辛いは最高っす!!

ここ何年か、韓流ブームも相まって、韓国料理屋さんが増えましたよね〜。
N響練習場となりの韓国料理屋さん「オモニの台所」は、ほんっとに美味いです。
お昼は日替わり丼が絶品で、もちろんその他にも、ビビンバやクッパ、温麺からビビン冷麺など、種類もかなり豊富。キムチは食べ放題だけど、自分で取り分けた分を残すとお金取られます。それだけ貴重な手作りキムチなんですよ〜!! んまい!!
夜のメニューも、かなり魅力的。チヂミとか炒め物とか最高!!
なんです「が」。
N響のリハーサルは夕方終わるし、その後個人練習や合わせの為に残るときって、たいてい車なので、、、車なら酒無しででも行きゃいいんですが、これまた呑みたくなるメニューなんでね〜、、、なかなか行けません。

みなさん、ご存じの「コク旨辛い」を是非教えてくださいな!!

そうそう、ビビンバ? ビビンパ? これ、難しいよね〜。

歳、かなぁ。。。

リサイタルが終わり、今日までの三日間はのんびりと過ごしました。
休みだったわけじゃないけど、ゆっくり出来ました。

ん〜、、、今頃疲れが、どっと来たぁ。
ぼ〜っとしてます。はい。
リサイタルのビデオを見ながら、色々な反省点を見つけて、
そうか、こうすれば良かったんだ、とか、考えてます。

でも、「すごいことをやったな。」って、ちょっと思った。
2回目3回目と、どうなっていくんだろう。
自分も楽しみです。プレッシャーも感じるけどね。

明日からは、N響の仕事も始まるし、完全に普段の生活に
戻さなきゃ。余韻は、そろそろ終わりにしよう。

竹島悟史 Sound garden vol.1 "Let's!!"

9/27 26:30過ぎ。

リサイタルが終わって、既に24時間以上経ちました。
少〜しずつ気分も落ち着いて来て、余韻は後ろ髪ながらも、身も心も普段の生活のテンションに戻ろうとし始めています。
雨もない、静かな夜です。

終演後から今まで、たくさんの方から嬉しい声をいただきました。
顔文字いっぱいの興奮メールから、厳しい叱咤激励のお言葉。。。
僕が今、嬉しいお言葉も厳しいお言葉も、全てを納得して、真正面から受け取れる、のは、自分が全ての責任をもって、体当たりしたからだと思います。

「音楽」というものには、必ず付随する「楽しむ」という気持ち。
例えば、葬送の曲であっても、それを誰かに伝えるという行為自体には、コミュニケーションという前向きな気持ちが働くわけです。悲しみに200%うちひしがれているとき、それを「音楽で伝えたい」と思った時点で、0.00001%でも、前向きな何か(直接的に「楽しむ」ではなくも)が働いているはずです。

今回いただいたお言葉は、「楽しかった!!」というものが大半でした。
マリンバの超絶技巧がどうだとか、あの楽器の調整が良かったとか、そういうことではなく、2時間半弱のひとときを、無条件に「楽しいな」と感じて過ごしていただけたようです。

本望です。


大学受験の浪人時代に、アルバイトを経験しました。
一つは本屋さん。一つはファーストフード。
音楽大学を受験しようとしている僕にとっては、音楽とそんなに関係の深くない職種です。
この時を思い出しました。

僕は今、音楽家であり、常用語は「音楽」なわけです。
だから、昨日のように、またN響他の普段の活動のように、音楽でもって色々な人たちとコミュニケーションをしています。そして、自分の感情を発信しています。
アルバイトをしていたときも、僕は、その仕事を通して、何か人とコミュニケーションをとろうとしていた気がします。
色んな本の名前を覚えたり、「いらっしゃいませ〜!!」って声を上げたり。
これは、やらなきゃいけないからやるのではなく、やりたいなと思うからこそ、心からやるわけですよね。

やりたいことをやっている、というのが、プロなのかもしれない、と思いました。
上手下手ではなくとも、上手い方がいい。
美味い不味いではなくとも、美味い方がいい。
勝つ負けるではなくとも、勝った方がいい。
お金を稼ぐから、それで食べてるから「プロ」だという見方も、間違いではないかもしれないけど、
僕は、自分のやっていることを自分の言葉として発し、充実したコミュニケーションをとることができることこそ「プロ」という域に達するのではないかと思います。

「プロ」は「ステータス」ではない。

「プロ」というものに関して、色々な見解や考え方があるのは重々承知の上、
自分が、もっともっと色んな音楽を表現する、大きな人間になれるよう、努力します。


この余韻に浸り、記録用に録ったビデオを見ながら色々思いだしたりして、良かった点を見つけ、悪かった点を見つけ、必ずや、これからの自分の人生のガソリンや治療薬にしていこう。


秋の夜長は、まだ続きます。

終了!!

うわぁ〜。。。。。。。。。。

終わりました。。。。。。。。。。

お越しくださった方々。
お足下の悪い中、ご来場いただき、本当にありがとうございました。
みなさまの温かすぎるくらいのたくさんの拍手をいただいて、
人生最高の幸せを感じました。
色々ハプニングが起きたりもしていましたが、
全てを含め、今の自分に出来る最大限のことを、
ありのままの自分を全てさらけ出すことが出来ました。
我が家のホームパーティに、みなさまをご招待するといった空気を
作り上げたく、僕の活動に「Sound garden」と名付けたわけですが、
その雰囲気を、お客様みなさまに作っていただけたことが、
本当に何よりも嬉しかったです。ホストとして。(笑)
最高のひとときを、ありがとうございました。

これからも、どんどん活動を広げていきたいと思っております。
何とぞよろしくお願い致します。

本当にありがとうございました!!

色々理由あって、今9/27 13:30頃、帰宅しました。
余韻に浸りながら、片づけなどして、
また気持ちが落ち着いたら、しっかり投稿しますね。

行ってきます!!

さぁ、ついに!!

行ってきます!!

ありがとう!!

9/25 23:30くらい。

ついに、明日。
僕の初リサイタル「竹島悟史 Sound garden vol.1 "Let's!!"」です。

さっき、リハーサルを終え、楽器の積み込みをしながら、
ふぅっと気分が落ち着きました。
明日は明日で、違ったテンションのエンジンがかかるでしょうが、
今日までの「準備」を終えたことに、安堵と虚脱。

応援してくださった、たくさんの方々、
本当にありがとうございました。
みなさんのお声は、栄養となって僕の中に全て届きました。
この栄養をパワーにして、全て明日発揮します。

さぁ!! 明日は雨らしいし!! (泣)(笑)
心の底から楽しんで頑張ります!!


みなさん、本当にありがとう!!!!

テンパリ最高潮!!

今、9/24 27:00前くらい。

今日明日は、ほぼリサイタル準備のみの生活です。
今日は、カヤ(萱谷君)との最終リハーサル。のち、場所を変えて個人練習。

カヤの家にはとても立派なスタジオがあって、今回かなりお世話になりました。
ん〜、同い年にして、妻持ち子持ち家持ちスタジオ持ち。。。

ぎょえ。

僕もはやく、そんな立派な生活をしてみたいと思っています。思ってるだけか。

あぁ、もう9/26が来ちゃうなぁ。
楽しみなのはもちろんだけど、、、終わっちゃうのかぁ、が度々押し寄せてくる。
終わりはしないんだけどね。
初めての自主リサイタルで、右も左もでしたが、ホント色々勉強になりました。
あとは、当日何よりも自分がいかに楽しむかを考えて、残り少ない時間を過ごしたいと思います。

気がかりなのは、当日の天気。曇りのち雨、だぁ〜?
こらこら、こらこらこらこら。

うを〜!!

9/23 28:30くらい。


なんだか、叫び声とか溜息とか、擬態語タイトルが多くてごめんなさい!!

今日は、楽器積み替え作業〜N響定期本番二日目〜萱谷家でリハーサル〜チケット整理。
ぐぅ。。。

そう、リサイタルのチケットが、完売しました。予想外の展開で、ちょっと焦っています。
当日券数枚は必ず確保しなければならず、その分はちゃんと当日券として存在するようですが、何枚になるかは未定。2桁いくかどうか、といったところのようです。
みなさま、本当にありがとうございました。

今日までのN響では、ショスタコーヴィチのヴァイオリン協奏曲がプログラミングされていました。
ソリストは、ボリス・ベルキン。
ボリス・ベルキン、、、本当に素晴らしかった!! 一緒に演奏しながら、感動しました。
オーケストラでも一番後ろにいる僕ら打楽器奏者の目には、彼の後ろ姿しか見えないわけですが、ものすごいパワーとアイディアを、持ち合わせた色々なテクニックとニュアンスを通して随時発信していて、とても魅力のある僕の好きなタイプの演奏でした。

そんなソリストの姿を見て、、、僕は、リサイタルで、ああいった音楽に、少しでも近づくことが出来るのであろうか。絶対に近づきたい、と強く思いました。

今回のN響期間、リサイタルの直前準備をしながらで、死ぬほど大変だったけど、両立して本当に良かったです。とてつもない刺激を、ソリストからいただきました。

さぁ、頑張ろう頑張ろう!!

打楽器奏者

ただいま、9月22日 27:00くらい。(これから、こう表記しようかな。)


うわぁ、濃い一日だったぁ。。。

午前中から昼過ぎまで、N響ゲネプロ(本番日の直前リハーサル)。
飯喰って〜、髪切って〜、リサイタルの衣装買って〜、、、
夜はN響定期本番。終演後、家の近くのスタジオでリサイタルの練習。
こんな夜中に夕飯喰うか迷ったけど、しっかり喰って(笑)帰宅しましたぁ。

オーケストラの打楽器奏者って、色んな楽器をやらなきゃいけないんです。
大太鼓も小太鼓もシンバルもトライアングルもカスタネットも木琴も鉄琴もチャイムも銅鑼もコンガもタンバリンもギロもマラカスも、、、はたまた、植木鉢を叩くとか、縄跳びを頭上で回すとか、鳥笛を吹くとか、線路の切れ端を叩くとか、紙をやぶるとか、ステージの床に重たいハンマーを振り下ろすとか、、、全て本当に実在するんですよ、、、挙げだしたらキリがない!!
これら全て、僕ら打楽器奏者が担当するわけですが、それぞれの楽器に対して接する意識や身体の使い方、テクニックは、全く違ってくるわけです。両手にカスタネットを持つのと、両手にシンバルを持つのとでは、何となく違いそうでしょ?
で、例えば一つのコンサートが三曲で成り立っている場合、各曲で担当する楽器が変わったりもします。
一曲はシンバル、一曲はトライアングル、一曲は木琴、みたいに。
どの曲のどの音も、一つ一つ意味や音色や音量のバランスなどを考えながら、かなり微妙なコントロールをしながら演奏しているので、精神的にはもちろん、肉体的にも身体の隅々まで使わないと「音」になりません。
庭に大穴を掘った1分後、針穴に糸を一発で通す、に似たことをしていたりするわけですね。

ね〜? 大変そうでしょ〜?(汗)(笑)(汗)(笑)(笑)

今のN響定期では、一曲木琴、一曲シンバルを担当。リサイタルの準備はマリンバが主。一昨昨日からの生活は、それらを行き来。
今日は、いけいけ木琴とじゃんじゃかシンバルの本番の後、センシティブなマリンバの練習をしてきた、ということになるわけです。

ん〜、きつい。(笑)

あちこちの筋肉が疲れてる感じ。またもや鍛わったか、という、充実感に近い疲労感ともいえるか?
こういうときは、ちゃんとストレッチしないと、ね。
明日もいい音出したい!!

ね。打楽器奏者って、特に肉体力も大事なんです。

あ!! 待った!! 肉体力「も」ですよ〜!!(笑)


さ、ストレッチしたら、ちょっとだけガソリン入れて、寝よう。
明日も頑張るぞ〜!!

準備

今日も、昨日と同じく、
N響リハーサル、のち、リサイタルの個人練習@家。


僕は、職業柄色んなイベントに参加してきました。スタイルジャンル問わずね。
で、いつも想うことがあります。

コンサートにしろ、ライブにしろ、ミュージカル公演にしろ、
全国ツアーにしろ、ドラマ撮影にしろ、、、
何にしても、「最終日」に向かって、どんどんヒートアップしていくのが常。
いや、最終日より前が、そこそこなテンションだという意味ではなくね。
やっぱり、やり遂げる感っていうのは、「最終日」に爆発するような風潮って
ありますよね。(一日だけのコンサートだったら、その本番の瞬間ってこと)

でも、準備期間にこそ、最終日以前の期間にこそ、色んなドラマが生まれるわけです。

例えば、ミュージカルで一ヶ月の公演をする場合。
スタジオでのリハーサルがあり、会場での仕込みやリハーサルがあり。。。
その、準備期間で最高の準備をするために、全力で動いてくれるスタッフがいてくれるわけです。
もちろん、素晴らしい本番になる為の準備であるから、標的は本番だし、最終日を迎えるまで気にかけてくれていることに間違いないのですが、関わる全ての人間が「本番」や「最終日」という瞬間まで一緒に動いているわけではない。
準備期間中に、僕の楽器の並べ方に対する我が儘をどんどん聞いて、アイディアや技術を総動員してくれるたくさんの舞台スタッフの半分以上は、準備期間だけの付き合い。本番期間が始まってしまえば、何かよほどのことが起きない限り、その演目担当の数人のスタッフが、見守ってくれるだけになります。
準備期間に、ああだこうだと意見を交わし合い、お互いにアイディアを出し合って作り上げるといった、とてつもなく充実した時を共にした多くの仲間は、僕ら演奏者や役者がヒートアップしきる「最終日」には、不在だったりするわけです。一抹の寂しさを感じる瞬間です。


僕のリサイタルに関して、準備期間の役目を果たし終えた仲間?がいます。
それは「家の練習部屋」。
明日以降は、カヤ宅でのアンサンブルリハーサルや、貸しスタジオでの個人練習になるため、リサイタルまでの間、もう家で練習することはありません。
つい先ほど、リサイタルで使用する楽器の一切喝采を、家の練習部屋から車に積み込みました。

この賃貸マンションに引っ越して来るとき、そもそも楽器可の物件だったにもかかわらず、「打楽器なんてものをガンガン練習するから。」といって、一つの小さな部屋に特別防音を施してもらいました。
今回も、その部屋で練習して悩んで汗かいて、、、準備をしてきました。

その部屋は、あと、リサイタルが終わり、車から楽器を降ろすまで、蛻の殻です。
がら〜んとした小さな防音室を眺めて、ちょっと感慨深くなりました。

頑張ろう。


さ、明日はN響定期本番初日。その他、衣装買ったり髪切ったり練習したり、怒濤の一日になります。
早く寝よう。。。

って、早くないじゃん!! 明日、ちゃんと起きなきゃ。

想いはめぐり。

N響リハーサル、のち、リサイタルの個人練習@家。

今日のN響リハーサルは、午前中に終了。ちょっとだけゆっくり昼食とって、そのかわり急いで帰宅し(笑)、ひたすら練習&洗濯。
ん? 洗濯は洗濯機に任せながら、練習。が正しいか。

ここ数日、晴れ間が覗いてくれて何より。
やっぱり、気分が全然違いますね〜。僕は特に敏感で、低気圧にはモロ弱い。こう、天井が低〜い感じがして、身体が下へ押しこまれてしまう感があるんです。気分はもちろん、身体も重たくなります。
今日は特に、溜まりに溜まった湿気がす〜っと抜けた感じがして、心地よい一日でした。

そして。
ん〜、やっぱり晴れているからかな。充実した練習が出来て、満足。
しかも今日は、パンパンな僕の心に、いくつかのあったかい風が注ぎ込まれ、その嬉しい小さな出来事に心が落ち着き、とても良い気分。
何だか散歩したくなって、「静か」が取り柄の家周辺をぶらぶらしてきました。
色々考えたり、想いを巡らせるには、最高のひとときです。


信頼ってなんだろう?
仲良くなることとは全然違う。なぁなぁ、とは真逆。
言いたい放題言いまくって火花散らして仲良し、ってのとも、ちょっと違う気がする。

仕事とかプライベートとか、そういうくくりじゃなくて、
人間と人間、お互いが、どんな場であろうと精神誠意尽くす。
迎合なんかじゃなく。へりくだりでもなく。顔色伺いでもなければ、「仕事の為」なんかじゃなく。

その誠心誠意が、不必要に裏切られたなら、それはホントにがっかりです。

「自分のため」と「相手のため」って、ホントは同じ意味なのではないのでしょうか。
同じ意味でとらえてるなぁ、という人の行動に出くわしたとき、それが自分に対したことでなかろうと、心の底から嬉しさがこみあげてきます。

世界平和も大事。ホントに望みます。
ただ、その前に、自分たち個々が送受信するコミュニケートを平和にしていくことが、一番大事なことなのでは、と思います。
やらなきゃいけないんだからやりましょう、じゃなく、やらなきゃいけないことは何のためにやるのか、それをやったらどうなるのか、って考えていったら、結果も全く違ってくるはずです。
そして、それが最終的に世界平和への第一歩になる。
ということなのではないのでしょうか。

と、まぁ、大きすぎるテーマに流れ着いてしまいましたが、日常の諸々がそこまでもつながっているのかもしれない、つながっているんだ、と思いました。


良い天気になって、脳みそがグルグル動いたようです。失礼しました。
さぁ、そろそろ寝ましょう。(笑)
明日も、良い気分で過ごせますように。

光陰矢のごとし?

今日は、朝からN響リハーサル、のち、リサイタルリハーサル@カヤ家。

普段、N響での仕事を中心に活動しているわけで、N響スケジュールのサイクルっていうのが、やっぱり身体のリズムの核になっている生活が多いのですが。。。
N響の定期公演月間のスケジュールは、おおまかに言うと、練習三日本番二日、という基本のサイクルがあって、そこに例外が多数起きるといった感じ。(?)
例えば、諸々の事情で練習が二日だけのこともあったり、地方公演が付いたり、他の業務が入ったり。
どのみち、世間的な?カレンダーとは、ちょっとずれて月日が進んでいくわけです。

今日からのN響は、練習三日本番二日。ということは、このN響定期が終わるのは23日。
そうか、この定期が終わる日というのは、23日であるということだ。(当然だわな。)
そしたら、24日25日と二日間過ごしたら、、、もう26日。(これも当然。)

9/26のリサイタル、カレンダーの景色以上に、もう秒読み段階だ。

先ほどからやたらと書いている、N響サイクル。
これね、初日の練習が始まると、本番の二日目までって、あっという間なんですよ。
早起きして練習場に行って、が〜っと練習しまくったら、もう夕方。
夜に用事を入れていたりして、家に帰ってきたら、すぐ寝て、また次の朝早起き。
ね。。。 あっという間に五日間が過ぎ去るのです。

もちろん、今の「夜の用事」は、リサイタルの練習ですが。。。
なので、あっという間に、リサイタルなんです。。。(しつこくてごめんなさい。)

演奏面は当然のことながら、細かいことのチェックをしとかなきゃ。

・チケットの整理。
・楽器運搬の手はず。
・記録用VTRなどの手はず。
・クリーニングに出している衣装を、いつ取りに行くか。
・っていうか、衣装は何を着るか。
・靴磨きのタイミング。
・当日の関係者全員のお弁当はどうするか。
・リサイタルに標準を合わせた、普段着の洗濯順。(笑)
・自分のテンション具合の調整。
・終わって帰ってきたら、自分がどうなっているか。
・マッサージはどうするか。
・どこで「自分をほめてやる」か。

自分の手元にメモしときゃいいだろ〜!! なんて、言わないで〜!!


追伸:
そうそう、一個気になっていることがあった。
どうしても、その日中に帰宅することが少ないため、その日あったことの書き込みが次の日記載になってたりするんですよね。
今は9/20の2:00頃なんだけど、書いていることは9/19のこと。みたいな。
過去の記事をさかのぼってみても、そんなことだらけです。
性格上、ちょっと気になったりしてみてるんですが。
どうにもならんかね〜。

ぐわぁ〜。

カヤとのリハ終わり、今さっき帰宅。
ぐわぁ〜、、、くったくたや〜ぁ。。。。

リサイタルのことだけやっていられたらいいんだけどね。
会社の日常業務(N響)も、ちゃんとあるわけで。
身体もそうだけど、少ない脳みそがついていかん。。。

いやいやいやいやいやいやいやいやいやいやいやいやいや!!
頑張る!! そう決めたんだ!! この俺様は!!

明日からは、またN響定期の練習がスタートします。
本番は22日23日。リサイタルは26日。
この一週間は、精一杯生きよう!!

みなさん!! お願い!! 応援よろしく〜!!

お?

ちょっと晴れてきた? (浦和ね)

朝から、来年のNHK大河ドラマ「風林火山」のテーマ録音。
あれって、N響がやってるんですよ〜。ご存知でしたか?
僕はテレビを見ない質なのですが、、、テレビファンの方々、「風林火山」お楽しみに!

で、渋谷から浦和に移動し、今からカヤ(萱谷君)宅でリサイタルのリハーサルです。

疲れてなんていられない! 頑張りま〜す。

ちょっと、いい加減になさい♡

あぁ〜!! ったく〜!!

いやいや、失礼。
僕は、あんまり公共の場で、腹を立てたりしない(出来ない)質なんですが。。。

もう〜、雨やんでくれ〜!!

帰宅後はずっとさらって(=練習して)たんだけど、明日明後日はカヤ(萱谷君)とのリハーサルがあるため、今晩中にマリンバから何から全部車に積まなきゃいけないという、過酷な労働が控えていました。
体内電池も切れかかり、練習終えて積み込みするか、、、と窓を開けて溜息。

まだ、降ってんの〜〜〜〜。(泣)

マリンバって、解体して持ち運びが出来るんだけど、解体するってことは相当なパーツに分かれるってことで。家の中と車とを、行ったり来たりしなきゃいけないわけです。独りだと、外に溜め置くってのも怖いしね。
それに加え、太鼓だのドラだのバチだの、キャラも勢揃いで、、、積み込みもパズルさながらになるわけです。

楽器が濡れないように、毛布が濡れないように、自分が濡れて頑張ってたら、やっぱり電池は切れた。
あ、そうだ!! さっきの御輿の方々にお願いすればよかったんだ!! (壊)

もうダメだ。自分が壊れたのがわかる。
ざっとシャワー浴びたので、鍋でも喰って、久々に銭湯にでも行ってこようかな。
「風邪」だけは、絶対に嫌だ〜〜〜〜!!!!

雨さん。ちょっと、いい加減になさい♡

わっしょい!!

今日は、午前中にちょい仕事するのみ。
諸々の用事を済ませつつ、今帰宅〜。
まった雨かぁ。。。 そろそろ、秋晴れが恋しいなぁ。
ずっと、雲だらけだもんね、最近。

その諸々の用事で、中野に寄りました。
そしたらね、秋祭りですよ秋祭り〜!!
小雨がぱらつく中、何台もの御輿がわっしょいわっしょい!!
うっほ〜、血が騒ぐ〜!!
一升瓶片手に威勢の良いおっちゃんや、沿道でにこにこ見守るおばちゃん。
御輿隊は、劇的なテンションで雨なんか吹き飛ばせ〜!! って感じ。
いいなぁ。かなり元気になりました。元気をいただきました。

秋祭りというと、思い出すのが、合唱曲「秋祭り」。
十数年前、中学校の文化祭で、どこかのクラスが歌ってたのですが、
とても可愛くて良い曲!! 
どっひゃ〜な夏祭りとは違った、ちょっと寂しげな夕焼けを想わせる良いテイスト。
これまた、子供が歌うから、より一層良いんですよね〜!! 子供の歌声って、ね〜。。。

ドドンがドン、ドドンがドン、
力い〜っぱい太鼓をたた〜け、今年も黄金の実が下がる〜、ソレ!!

覚えてるよ〜、おい。自分は歌ってないのに。(笑)

帰宅に没頭?(笑)

18:00開演だった今日のN響横浜公演。
何だか久々にガラガラでした。三連休だから? 近郊だから?
諸々難しい問題もあったりしますね。。。

20:00頃汗をかきかき終演。今日は、わき目もふらず帰路につきました。
わき目をふるとね〜、色んな誘惑がね〜、たっくさん目に飛び込んでくるわけでね〜。(笑)

だ、だのに!

なぜ!

あ〜っ、悔しいなぁ。
中華街へ向かう仲間たちの後ろ姿を、目に入れてしまったぁ〜!
(それだけです。)

今頃、美味しいヤキソバ喰ってるなぁ。紹興酒もいいね!

さ、もうそろそろ我が家へ到着。練習練習!

練習終わったらね、ちょっとだけガソリンかな。

今日の始まり

朝起きて、顔洗って、楽器の前へ直行。
あぁ、もうこんな時間かぁ。(14:35)
朝はちょっと晴れてたのに、今はまたまたどんより雲空。
そろそろ、横浜に行かなきゃ!! N響本番です。
横浜、混んでるかなぁ。今日から三連休ですって〜?
昨日の夜、初めて知った。。。 いいなぁ、また休みカヨ〜。
さ、シャワー浴びて、衣装持って、、、あ、YシャツYシャツ。
昼飯、何喰お、、、、う?

あっ!! 朝飯喰うの、忘れてたぁ〜!!

それ一色か。

ふぅっ、今日も一日終わりかぁ。

ここんとこ、リサイタル話ばかりで、、、ごめんなさい。
いやぁ、やっぱり、そのことで頭がいっぱいいっぱいですわ。
ライフワークにしたいなと思っていることが、もうすぐ始まるわけで、
寝ても覚めても、といった感じ。
このいっぱいいっぱい感を、実は楽しんでいたりします。
「余裕」というのとはちょっと違うけど、、、ね。(汗)

そう、人間らしい生活はしてないかもしれないなぁ。
と、ここ最近の書き込みを自分で見てみて、改めて気づく。
以前のような、日常の他愛のない話とか、してないですもんね〜。

でも、もうちょっと、このままで失礼します。
9/26が終わったら、また色んな話を綴りますので。。。

今日は夜にちょい仕事があっただけだったので、
ほぼ一日中、ずっと家で練習してました。
気づかぬうちに、2時間くらい平気で経ってる。
そりゃぁ、汗もかくわけだ。(笑)
休憩にシャワーをざ〜っと浴びて、一息ついたらまた練習。
僕にとっては、何とも幸せな一日でした。

最近、練習したくて練習したくて仕方がないんですよね。
とにかく、楽器の前にいたくてしょうがない。
「やらなきゃ!!」じゃなくて、「やりたい!!」なんですよね。
良いアドレナリンがどくどく出てきているようです。
充実した一日でした。

今さっき帰宅。これから少しだけガソリン入れに行ってこようかな。
呑み過ぎ注意ね。(笑)
明日は、N響横浜公演。みなとみらいに行ってきます。
いつもは、そのまま中華街に行ったりするんだけど、さすがに明日は帰ってくるかなぁ。

かなぁ?(笑)

Route 0

今日は、昨日に引き続き、N響B定期の二日目本番。
明後日、横浜にて同じプログラムの公演があるので、まだ終わりではありません。ちゃんと忘れないようにしておかなきゃ。

さて、今日は(も?)リサイタル話。新曲「Route 0」についてです。
この曲、僕の作品を聴いたことがある方なら、必ず「あぁ、タケシマの曲だね〜。」とおっしゃるはず。自分でも「あぁ、やっぱりこうなるかぁ。」って感じです。(笑)
どちらかというと短調の曲が多くて、暗いわけじゃないけど、何かちょっと重ためな、でも前向き、みたいな。。。
なんでだろう。性格、暗いかなぁ。。。 。。。 。。
今回の為のマリンバソロの新曲は、計3曲ですが、どれもマリンバならではというより、ちょっとピアニスティックだったり、オーケストラちっくだったり、、、なんか、規模を大きく大きく書こうとしてしまいます。
心がけていることは、マリンバでマリンバの良さも伝えつつ、でも「マリンバ」というものが前面に出すぎず、「曲」や「メッセージ」がまっすぐ届くように、ということ。
マリンバの長所や短所も考えながら、何を伝えたいかを最優先に、いつも書いています。

「Route 0」のプログラムノートより。
人間はあらゆる路を使って、地球上の何処へでも行くことが出来るようになりました。何処へでも行くことが出来るなら、何処からでも帰ってくることが出来る。
「人生」という路以外は。

ね。え? よくある感じ?(笑)(泣)

Sound gardenという、自分のリサイタルシリーズを始めようとしている僕自身の未来の「路」を、表現できたらいいな、と思っています。
いや、未来の路を、そんなに暗く捉えてはいないんだけどね。(短調、重め、深刻系。笑)

みなさん、お楽しみに!!

散歩終了。

先ほど書いた散歩から帰宅。

ふ〜っ、落ち着いた。
家は、一応?ちゃんと東京23区内ですが、この辺りはすごく静かなんですよ。
良い街なんです。住宅街でね。
散歩ルートは決めずに、ただただ気分に任せて歩いてきました。
ポイ捨てが多いのが、ちょっと残念だなぁ。。。
どうして、道に捨てるかね。

さぁ、明日も頑張ろう。

今日も秋雨、かぁ。

今日は、N響本番日。9月B定期初日です。(詳細説明は、9/8「平和はどこ?」の最初へ。)
朝からゲネプロ、夜本番でした。場所はサントリーホール。
ゲネプロと本番の間は、リサイタルの練習をしに、高円寺のスタジオへ。

サントリーホール、、、そう、僕がリサイタルをする場所です。
N響コンサートは大ホールですが、僕のリサイタルは小ホール。
サントリーホールには、何度となくお世話になっていますが、息の詰まるような圧迫感?みたいなものがなく、演る側も聴く側も、ほどよい緊張感を持って、あたたかく音楽を楽しめるような雰囲気があります。僕はとても好きです。
リサイタルの会場に決めたのも、そんな理由からでした。

リサイタルまであと2週間を切り、もちろん?楽屋口近辺にも、僕のチラシが貼ってあったりしました。今日も、N響のメンバーにからかわれたりして。目に留めてくれてるようで何より。
よく、「チラシの写真、誰? タケシマじゃないよね!!」って冗談半分に言われますが、、、そうかな。そうですか?
もちろん(笑)、僕ですよ〜。カメラマンの大窪道治さんが、中途半端な顔身体のダメモデルを素晴らしく撮ってくださったおかげですね。

今日の本番は、精神的にかなりくだびれました。
僕は、本番が終わってそのまま直帰するということが、あまり無いんです。
いやいや、ガソリンを呑む呑まないじゃなくてね。
演奏家は誰しも、本番の時には、もんのすごいテンションと集中力で臨んでいるわけです。
僕の場合、都心のホールからなら1時間ちょっとで家に帰れてしまうとなると、その移動時間だけでは、上がりきったテンションを落ち着かせることは出来ないわけです。テンション上がったまま帰宅してしまうと、家の中でカッカカッカしていて、何も手に付かなくなり、下手をすると寝付きまで悪くなります。
呑むでもいい、遠回りドライブでいい、散歩でもいい、買い物でもいい、、、
とにかく、少し沈めてから帰宅します。

今日は、ホントにくたびれたので、久々に直帰しました。というか、気づいたら家に着いてた。(苦笑)
やっぱり、落ち着かないな。昨日から続く秋雨の中、ちょっと散歩でもしてこよう。

そろそろ晴れないかな〜。どんより天気は、あんまり好きじゃないや。
大人になると、何故かてるてる坊主って作らないですね〜 。
(何故かって、あんた。 。。。 。。 ん? 何故だ?)

秋雨

ですね〜、完全に。(東京ね)
夏のような、張りのある雨?ではなく、しとしとと。

楽器にとって、雨というのは基本的にあまりいいものではないのですが、
空気が潤う感じは、人にとって悪くないかも。
「蒸し暑い」な潤いは、あんまりいらないけどね。。。

「芸術の秋」って言葉、どこから来てるんでしょうね。

今日も、N響リハ〜リサイタル練習という、丸一日音楽な生活でしたが(笑)、
確かに、真夏のバカ暑いときとは、集中力が違うかも。
どっちが良いか悪いか、ではなくて、
今は、す〜っと目の前の音楽に集中していく感じがある。

この集中力を切らさずに、どんどん深めて、リサイタルを迎えたいです。

9月26日、みなさまにお会いできることを楽しみにしています。

ん。。。

カヤタニ氏ことカヤ(逆か?)との、リサイタルのリハーサルも、充実のうち終了。
今日は、彼と2人で演奏する2曲の内の一曲、僕の新作「I・N・G」を、みっちり練習しました。
楽器選びや、セッティング(楽器の並べ方)、手順(リズムを叩く上で、左右どちらの手をどういう順番で使うか)などを、みっちりしっかり打ち合わせ。2人でああでもないこうでもないと、頭の中にまで汗をかきまくりました。
ホント、頼りになる良い仲間を持って、幸せです。

帰宅後も、リサイタルの諸々に追われつつ、色々考えつつ、頭の中はより一層汗いっぱい。
を〜〜〜っ、なんか、へこんできた。 (汗)(笑)

いや。
へこまない、へこまない。
頑張りましょうよ。それしか出来ないんだから。

完全に対自分に言い聞かせでした。失礼!!
おやすみなさい。。。

ふわぁ〜っ。

N響リハーサルが終わり、リサイタルのリハーサルの為、カヤタニ家へ移動中。

昨晩というか今朝というか、、、
まだ暗い3:00頃、家のあたりでは、もんのすごいカミナリ大合戦でした〜。強力な目覚ましでもグズグズする僕が、起きちゃったもん。
どっかんどっかん、というより、バリバリ〜ッ!! バキバキ〜ッ!! ド派手に鳴りまくってました。
何発か近所に落ちてるな、と思いながら、何とかもう一度眠りにつきましたが、
やっぱり朝起きてみると、ステレオやガス湯沸かし器の時計が0:00で点滅してました。


いやぁ、変な睡眠だったもので、今になって眠い眠い。
今回のN響の曲々が、これまた脳みそをぐるんぐるん使いまくらなきゃいけないものばかりで、先ほど初日リハを終えてホ〜ッとしたら、じゃじゃ〜ん!!と睡魔くんが。。。

いかんいかん、これから楽しいカヤとのリハーサルです!
もういっちょ、頑張っていきましょい!

怖かったもの

頭はリサイタルやN響のことでいっぱいなんだけど、
自分の為に敢えて他愛のない話。(笑)


昔、怖かったもの〜!! じゃ〜ん!!

・地震
 そりゃそうだ。今だって油断しているわけではなく、ちゃんと危機管理をね。
ただ、小さい頃は震度1くらいの小さな揺れでも、ぎゃーぎゃー騒いでました。震度3とか4とかになろうものなら、家の狭い階段を三段飛ばしするくらいの勢いで、親の元に駆け込んでた。
ああいう時の子供って、ホントよく転ばないよな。

・昔の実家の二階
 小学校4年生か5年生のころ、今の実家に引っ越したのですが、その引っ越す前の家の話。
家族の寝間着一式がかごに入って、階段を上りきった二階の踊り場に置いてあったんです。夜、風呂の時間になると、その寝間着かごを持ってくるのが、僕の役目でした。その階段は90度カーブしていて、一階から見上げてもかごは見えないわけです。90度曲がって、5〜6段上ると、やっと手に届く。その、90度曲がった先というのは、まぁ闇、闇、闇。雨戸もカーテンも全部閉まってるわけですから、当然ですよね。これが怖かった。なんか物音がしたんじゃないか。みたいなね。

・テレビの「しばらくお待ちください」
 最近はほとんど無くなったみたいですね〜。「しばらくお待ちください」
番組の途中で、テレビ局で何か不具合が起こったりすると、突然前触れもなくシ〜ンとして「しばらくお待ちください」の画面が登場する。バックの色も、紫だかピンクだか、何とも言えなく怖い色だったような。僕の記憶では、夕方にやっているドラマの再放送とかで多かった気がするなぁ。で、何故か、他のチャンネルに変えられない。よっぽど凍ってたんだろな。雨の日、独りで留守番してる時なんて、最悪〜!!

・ホテルのお風呂と、広〜いトイレ
 僕は、小さい頃から国内外問わず、あちこちに演奏旅行に行っていたもので、、、生意気ながらも、ホテル生活というのは経験が長いんですね。
 小学生の頃から、あちこちのホテルのシングルルームに独り寝かされました。
贅沢? いやいや、怖かった〜!!
部屋のユニットバスが怖くて、ほら、海外とかだと、風呂桶の中で身体洗わなきゃいけないし、シャワーの勝手とか違うでしょ? 蛇口からお湯を出そうと思ったら、上からザバ〜ッ!!とかさ。なかなか入れませんでした。
あと、ロビーとかにある、あの、広〜いトイレ。扉を開けると、まず洗面台が幾つもある広〜い広間。(笑) また扉を開けると、ずら〜っと並ぶ小便器。これまた、どこからともなく水が流れる音とかするんですよね〜。頭上にタンクがあったりすると、もう最悪。そのまた奥にある個室エリアになんて、腹をこわしててでも行きたくなかったです。はい。


まだまだありそうだなぁ。あったよなぁ。
え? 今、怖いもの?
ん〜、、、なんだろう。。。
天災はもちろんだけど、、、あ、飛行機に乗るときには、多少たりとも緊張するかも。
ホテルは、広ければ広いほうがいい〜〜〜〜〜〜!!(笑)

みなさんも、あるでしょ〜。ありますよね〜?

秋空に想ふ

昨日お話しした通り、今日はN響A定期の二日目の本番でした。
A定期の二日目は15:00開演。17:00過ぎには仕事を終えます。
楽屋口から外に出てきてもまだ明るいので、「さぁ、夜はどうしよう!」となるわけです。(笑)
もちろん、今はリサイタル準備があるので、即直帰。。。
それでも、帰り途中に御飯食べながら、携帯で投稿中です。

この時期、本腰入った残暑が訪れると、何とな〜く思い出すのが、
中学時代の「体育祭」。

体育の授業などで練習が始まったり、放課後に応援合戦の話し合いをしたりして、クラスがぐぐぅ〜っと一致団結するんですね。
僕、こう見えても、その頃はそこそこ足が速くて、いつもリレーのアンカー兼リーダーでした。
みんなの短距離走のタイムやキャラから、いかに勝つかリレーの順番を考えて、バトンの練習したりして、、3年生の時には、それはそれは見事な勝ち方をしたんだよなぁ。
ただ、緑組(!!)は総合優勝に至らず、閉会式後もみんなで大泣きしながら応援し続けた想い出がよみがえります。

中学時代って、モロ思春期真っ只中じゃないですか。
少しずつ大人になり始める、色んなことに敏感で微妙な時期、ホント色々あったよなぁ。可愛かったなぁ。(笑)

ちょうど先日、その頃大変お世話になった先生方にリサイタルのご報告をしてみようと、転任先を調べたりしていたので(夏休み中は無理みたいなんですよね〜。)、よけいに走馬灯ぐるんぐるん。

あの頃の先生方や友達は、今も元気に頑張って生きているでしょうか。
時々思い出して、微笑んじゃったりしてるでしょうか。

平和はどこ?

今日は、N響9月A定期公演一日目でした。
N響の定期公演は、3月7月8月を除いた毎月行われていて、
一月(ひとつき)にA、B、Cという三つのプログラムを、それぞれ二日ずつ演奏します。

というわけで、今日は9月A定期初日。
朝からゲネプロ(本番直前の最終リハーサル)、昼過ぎに終わって、夜本番というスタイルです。
ゲネプロと本番の間は、それぞれ自由な時間を過ごします。家に帰る人もいれば、ひたすら練習しまくる人もいますが、とりあえず、渋谷の喫茶店は儲け時か?(笑)

というわけで、今日も一日終わりました。明日は二日目の本番となります。


10月(うわ、もう来月か!)に、N響アメリカ公演があります。
二週間ほど、西から東から各地を廻りますが、、、
今、アメリカに行くのって大変なんですよね〜。
テロ対策などでどんどん厳しくなっていて、ビザをとるにも一苦労二苦労。会社の仕事で行くわけですが、ものすごい量の個人情報を細かく提出しなくてはならない。出身中学の所在地を書き込む欄があったりして、ひたすらネットで調べまくったり、「合併しちゃったからなぁ。」と呟く先輩奏者もいらっしゃったり。
また、楽器運搬や荷物の管理に関しても、諸々の問題が起きています。

安全って何でしょうね。
平和って何でしょうね。

飛行機という逃げ場が無いもの(?)に乗るということに対して、色々な検査や確認が増えているのは、もちろんそうしなきゃいけない意味が実感としてわかるのですが、
アメリカという国に入国するのが、ここまで大変になったとは、、、

大きな意味で、いつ何が起こるかわからない、緊迫した時代なんだ、と改めて思い知らされます。

平和ボケしてるだなんて言われる我が国日本も、何だか色々混沌としていますよね。

僕ら音楽家に出来ることはあるのか。
この時代の色々な緊迫を緩和することが、果たして出来得るのか。
夢の話のように思えてしまうほど、違い過ぎる次元での問題が勃発しまくっているような気がして、ちょっと自信を無くしそうですが。。。

音楽が世界の共通語であるのなら、きっと何かあるはず。
そう信じ続けることしか、今は出来ないかもしれませんね。

秋の夜長、かな。

パワースポット

夕方18:00をまわりました。
日が短くなりましたね〜。「秋の夜長」への坂道コロコロ。

今日は、N響リハーサルが午前中に終了。
昼飯をゆっくり喰って、リサイタルの打ち合わせに行ってきました。
そう、昨日お話しした、プログラムの最終チェック、ね。
決して「お決まりパターン」にとらわれない、手作り感のある良いデザインで、
あたたかく仕上がりそうです。よかったぁ。。。
「あとは、チケットを頑張って売ってくださいね!!」と
優し〜く釘を刺され(笑)、、、う、頑張らなくては。。。

そう、自主公演というのは、全て自分の自由になる分、
全て自分がしなければならないんですね。
今回のリサイタルの制作でお世話になっている音楽事務所、株式会社1002の方々は、
とてもとても親身になってサポートしてくださっていて、本当に助かっています。

例えば1002主催のコンサートではないわけで、全責任はこの僕にある。
自分がやりたいからやってるわけですからね。僕が発信地になるわけです。
これってむずかしいんですが、、、
例えば、僕という演奏家がどこかに雇われてコンサートに出演する場合は、
雇う側に何かしらの目的なり趣旨なり展望なりがあるわけで、
僕はその素材の一つとなるわけです。歌謡番組みたいな感じというか。
今回は、このシリーズは、そうではない。逆ですね。
僕がやりたいから、みんなが協力してくれる。
僕がやりたくなければ、0なんです。
黙っていれば誰かがお客様を連れてきてくれる、なんて他力本願じゃダメなのは当然。
そもそも、そんな身分では全然無いし、それでは趣旨が違ってきます。

まぁ、どちらにしても、僕が音楽をするということに変わりはないわけで、
それへのパワーはいつも変わらないのですが。

今回、自分がやりたいことや、それをたくさんの方々に聴いて頂きたいという気持ちは、
演奏しているとき、リハーサルのときだけではなく、
普段の生活の場面でこそ、持ち続けていないといけないんですね。
謙虚にアピール!! か。。。(笑)
あと。二週間ちょっと、まだまだ色々頑張りどころ満載です。

昨日のラジオ番組のテーマは、「あなたのパワースポット」でした。
元気になる場所、元気をもらえる場所ね。
ん〜、僕は、、、行きつけの呑み屋だったり、温泉だったり、、、
でも、やっぱり一番は、

ステージの上。

明日明後日は、N響本番です。

寒〜っ!!

今日は、冷えますね〜!! は言い過ぎ?
いやいや、長袖トレーナー出して来ちゃいましたよ〜。
こういう時って、ホントに危険。す〜ぐ風邪ひいたりするからね〜。
今は、風邪なんぞひいてる場合じゃな〜いっ!!!!


やっと。やっとやっと。
リサイタルのプログラムノート(曲目解説)の最終原稿を上げました。
ふうぅ〜〜っ。頭と辞書とパソコンを酷使しましたぁ。とほほ。
今回自作曲が多いので、なんとな〜く手紙っぽくなったなぁ。
ん〜、まぁ、その方が言いたいことが伝わるはず、と思ったりもして。
難しい音楽用語や専門知識が並んでいても、面白くないですもんね。(笑)
、、、って、あまり知識や文才が無いもので。。。(恥)
明日、第一稿を確認しに行ってきます。楽しみです。

これで、完全に演奏のことだけに集中して、怒濤の缶詰練習に突入できる。
楽しく辛く充実した生活を送って、最大限の演奏を出来るように
努力します。ギアは、完全トップに入りました。

おめでとうございます。

秋篠宮妃紀子さま、男のお子様をご出産されたとのこと。

おめでとうございます。

すくすくと元気にお育ちになりますよう。

雨、か。

おはようございます。

雨、結構ちゃんと降ってます。(東京ね)
何だか久し振りだな。

雨が降ると、どうしても一瞬「車が綺麗になる!」と思ってしまうんだけど、、、
これ、違いますよね。(笑)

行ってきま〜す!

コロモガエ?

今日は、朝からN響リハーサル。
早朝出勤も、ちょっと久しぶりだなぁ。
とは言え、家を7:30頃出るくらいだから、もっと早くに通勤されている方もいらっしゃるでしょうね。
でも、音楽業界という括りでは比較的早い方かも。リハーサルの時はいつもこうです。

通勤は、車8割電車2割。
楽器とかバチ(打楽器を叩くやつね)とかを運ばなきゃいけないことが多くて、どうしても車出勤が増えてしまいます。

お気に入りのラジオ番組に耳を傾けながら、お得意の?抜け道をスルスル行くので、イライラ渋滞とはあまり縁がありませんが、、、
朝は、ホントに車多いですね〜。

通い慣れた道でも、毎日色々発見があります。

あれ、こんなとこにマンション建つの?
お、ここの家の樹、やっと花がついたね〜。
あ、前ラジオで言ってた店、ここかぁ!
げ、パン屋休みかよ〜。(これは発見じゃないか)

電車の中って殺伐としてるから、早く降りたい一心で、あまり心に余裕が持てないですよね。
窓から見える景色よりも、どの吊り革をゲットするか、足場をどこに陣取るか、あとは携帯で精一杯!(笑)

エコ的には、車通勤を減らすべきなんだろうけど、
仕方がなく、を少しだけ底上げした感じの僕の車通勤、折角だから良い時間にしようと思っています。

今日の発見は、、、

みんな秋服になってきてる〜!

特に女性ね。形も色も。
そうかぁ、夜になると結構涼しくなるもんね〜。
男性は、まだまだジャケット脱いで半袖シャツにノーネクタイで汗かいてる人もいるけど。ジャケット持ってるだけすごい!

あ、サラリーマンは当然か。

僕なんか、真夏と変わらず、Tシャツ一枚。
まだまだ夏ナツですよ〜!

っていうか、もうちょっとお洒落しろよ、ってよく言われる。(汗)

日常スーツなんて、僕には無理です。尊敬します。

さ、明日はどんな発見があるかな。

Midnight Breeze

今日も一日終わろうとしています。
最近、はやいなぁ、、、時間が過ぎるのが。
あっという間に9月ですもんね。。。

さて、今日はリサイタルの話。新曲Midnight Breezeについて。
僕って、ホント夜が好きで、夜になると気分がよくなる。(笑)
いや、気持ちの良い朝も賑わう昼も好きだけど、
何だか夜って、僕にとっては特別。
昔っから、宵っ張りの朝寝坊だったんだよなぁ。
そんな夜好きな想いを、そのまま曲にしました。

友達と楽しく酒を呑み交わし、寝静まった街を独り歩く。
火照った心も身体も徐々に落ち着きを取り戻し、
安堵感と少しの虚脱感に浸りながら、夜の風に吹かれます。
(プログラムノートより)

夜というものをどう表現するかかなり悩んだんだけど、
「夜が好きなんすよね〜。」ってフレーズばかりが出てくるもんで、
「夜」「静か」「闇」「星」などという連想ゲームはほどほどに
一気に書き上げてしまいました。
ちょっとピアニスティックな、甘系。(恥)(笑)

でもさ、いつものことなんだけど、、、
弾いてみると、うわ、む、む、む、難しい!! (汗)
難しいものを汗だくになって弾いてたって、
こりゃ「夜」じゃないよな。

でも、ここで妥協せず(書き直したりはしない!!)、
さらってさらって(さらう=練習する)、涼やかな顔で弾けるように頑張ろう。
あ、本番、汗はかいちゃうかもだけど。。。
きっと、僕の夜好きがわかってもらえると思います。

みなさん、夜は好きですか?

大人って。。。

東京生活に戻りました。
ん〜。東京って、便利だけど、、、「便利!!」に「だけど」が付く。(笑)
やっぱ、せかせかしとるわ。のんびりの「の」の字もない。
呼吸が浅くなってる自分に気づきました。

今日は昼間からちょい仕事とリサイタルの練習。
晩飯は、よく行くお寿司屋さん。
ここは、まぁ、いわゆるっちゃあいわゆるなチェーン店なんだけど、
仲良くしてくれてる板さん2人と気の良いバイト君がいて、
ついついお世話になっています。

ただ、今日は仲良し板さんの1人は休み、もう1人とバイト君は
別の場所にいて、カウンターはあまり知らない板さんだらけ。
まぁ、いいか、とりあえず腹減った!! と席に着くと。。。

酩酊状態のご婦人が独り、大声で戯言をぶちまけてました。
あの、ほらさ、もうわけわかんなくなっちゃってる、あれね。(笑)
周りの客に説教するわ、喰わない上寿司を5〜6回注文するわ、、、
もう、わけわかんなくなっちゃってるから、気を悪くした隣のお客さんの
叱責も聞こえてないし、完全に手に負えないというか、
迷惑行為の域に達していたわけです。

この段階でさ、お店は何か手を打ってもよくない?
店長も、板長もいたのに、プチ逆ギレしたり聞こえないふりしたり、
相手が逆上するようなことしかしない。
我々お客は、そんな状況で美味しく喰えるわけがないし、
し〜んとしている店内で、ご婦人の酩酊ゼリフが響き渡る。

今日は失敗だったな、さっさと喰って帰るかと思っていたら、
僕の好きな板さんとバイト君が登場。
「お客さ〜ん、よっく呑みますね〜。俺、そんな呑めないなぁ。」
「俺、うっまいお茶入れますよ。アッツアツでね。」
と、止まっていた空気を見事に動かし、相手にしてもらえて気をよくしたご婦人は、
彼らの「飲み過ぎだから、今日はもう帰ったら?」的なセリフに
「そうね〜。ごちそうさま。みんなごめんね〜。」と
千鳥足で帰って行かれました。

ん〜、改めて、見直した!! 良い二人だ!!
僕が見込んだだけある!! (偉そう、汗)

すぐさま店長も板長も、「ああいう大人ってね〜。」と、周りのお客を取り繕うと
して、いきなり威勢がよくなって、周りのお客もホッとして注文しだしましたが、、、

店長!! 板長!! あんたらがホッとしてんじゃね〜よ!! ホッと〜!!

申し訳ないけど、今日僕の寿司を握ってくれた板長と店長を一瞥し、
今日はあまり話せなかった仲良し板さんとバイト君に
「ごちそうさま〜!!」と帰ってきました。
ちょい嫌み?(笑)

大人ってさ。。。 「ああいう大人」ってなんだ?

僕は、プロって何だろうってよく考えるし、
考えるためにも、色んなプロ像を色んな場で観察してるんだけど、
今日はちょっと衝撃的でした。
仲良し板さんの交わし方はもちろんのこと、若いバイト君の計らいは
見事でした。パッと来てパッと状況判断してパッと行動する。
おろおろしている「長」の字が付いた方々は、そんな接客方法も知らずに
「長」の字を付けてもらっているんでしょう。「上」に。
仲良し板さんとバイト君が、結果的にその酩酊婦人を帰したこと、というよりも、
酩酊婦人をも含めた全ての状況を判断した上で、店を盛り上げる手段をとった、
ということに、僕は感心しました。
まぁ、ホントは普通なんだけどね。

ほ〜っ、面白かった。勉強になった。
やっぱ仲良しな彼らが居てくれるときをねらって行かなきゃな。
でも、チェーン店って、それが出来にくいんだよね〜。
独特なシフトみたいのがあるっしょ?
店には出てるけど、違うところにいるとか、さ。

ん〜、独りもんにとっては、「良い店」ってかなり大事だから。
鼻が効くで有名(?)なワタクシでも、難しいっす。東京は。

帰京中

長かったタケシマ旅仕事も無事に終わり、後は帰宅するのみとなりました。
今、電車に揺られながら、感慨にふけっています。

昨日の本番は、ホントに素晴らしかった。
世界中のスーパープレーヤー達がそれぞれの役割を十二分に果たし、瞬間瞬間のメロディーやハーモニーが美しく光る。
そう、例えば、それぞれの楽器のソロの部分が素晴らしいのは、ある意味当然かもしれませんが、脇役にまわったときの徹し方やあたたかいサポートの仕方には、ホント参りました。
「俺が! 俺が!」と無茶に前に出ようとすることなんて、全く無いんですね。
脇役な部分だからといって、抜いたりしない。素晴らしいテクニックとセンスで、
ライバルとも言えるかもしれない他の楽器のスターを、サポートするんです。
音楽上のあらゆること全てを把握していないと出来ない、技と心意気です。

言ってしまえば、お祭りの為の寄せ集めオーケストラなわけですから、時間をかけて作り上げるアンサンブルの味みたいなものは作りにくいですが、そこは割り切って、自分達の出来ることを総動員し、また自分の力プラスαを信じて、一つになろうとするみんなの姿勢は、本当に真剣で絶対に前向きです。
瞬間瞬間にしか存在しないオーケストラだからこそ、瞬間瞬間の演奏の場を一生懸命大事にする。
このオーケストラの最大の魅力であり、唯一のルールなのかもしれません。

ホントに素晴らしいコンサートでした。

コンサート後は、マエストロアランや大好きな仲間達と明け方まで呑み交わし、大いに盛り上がりました。
音楽の話、自分の住む街の話、趣味の話やちょっとおバカな話(笑)、、、花満開!

あぁ、たくさん栄養をもらったなぁ。無駄にせず、全部糧にしよう。

さぁ、もうすぐ家。やらなきゃいけないことが山積みだ!
想い出はちょっと置いておこう。

写真は、昨日の本番の打楽器セクションメンバー。
左から、松下真也さん(フリーランス)、深町浩司さん(フリーランス)、
ステファン・ペレグリ(フランス国立リヨン管弦楽団、僕の注目株)、
竹原美歌さん(スウェーデン在住、ソリスト)、ワタクシ竹島。

060901_190502_m

おまけ2!

おまけ2!

あ! 僕のチラシ!
またまた、エライところに並べていただきまして、、、恐縮です。(汗)

おまけ!

おまけ!

向かって右はマエストロ、アラン。左はトロンボーンの親友、山本浩一郎。
みんなで仲良しです!

焼き物隊!

焼き物隊!

奥が岩魚!
手前はとうもろこし!

見りゃわかるか。(笑)

ん〜まいっ!

おそば茹で隊!

おそば茹で隊!

すごいでしょ〜! ホントに茹でたて冷やしたてなのだ!

おそば、二列目!

おそば、二列目!

別の8人の方のおそば!

おそば、一列目!

おそば、一列目!

8人の方のおそば!

そばパーティー!

今日は、朝からゲネプロ(本番前の最終リハーサル)でした。
ついに、今晩本番です。
素晴らしいコンサートになりそうです。いや、なります!(笑)

お昼過ぎには、ゲネプロが終わり、、、
さぁ! 毎年恒例のそばパーティーへ!

松本市のボランティアの方々が、毎年一生懸命準備してくださり、手打ちそば、岩魚の串焼き、焼きとうもろこし、手づくり豆腐、手づくりおやき、その他諸々、、、涙が出るほど旨いもの達が、ずら〜っと並びます。
そばブース。今回は、16人のそば打ち名人のそばが登場。茹でたてをいただきます。
それぞれ全く違って、もうホントにどれもこれも最高にうまい〜!

心、あったかいなぁ。

毎年、しみじみと感動感激しながら、「全部制覇だ〜!」とがっついてしまうタケシマでした。

パーティーの様子をアップします。伝わるかな。

英語、ね。

引き続き、サイトウキネン中です。

今日は、明日のオーケストラコンサートの為のリハーサル最終日。
このコンサートのリハーサルは3日間でしたが、
ホント、朝から晩まで、ず〜っとビッシリとことん練習しました。(汗)(笑)

く、くたびれたぁ〜。

指揮はアラン・ギルバートさん。N響でもご一緒したことがある、素晴らしい指揮者です。
汗まみれになって、厳しい眼差しでオーケストラをぐいぐい引っ張る。大曲の似合う大きなお兄さん(?)です。
曲はマーラーの交響曲第5番他。明日の本番が楽しみです。

さて。
このサイトウキネンには、世界各地のスーパープレーヤーがたくさん参加しています。

なので、公用語は英語。

もちろん、N響でもリハーサル中に指揮者が使う言葉は英語やドイツ語なので、音楽用語に関してはあまり問題はないのですが、、、

例えば、お金の難しいことからスケジュールにまつわる業務連絡なども、日本語の補足説明が入ることもありますが、まずは英語なんですね。
これが意外に大変。脳みそグルグル回してます。

ホント、日本の教育には、もっと「使える英語」が必要だ!

あ〜ぁ、僕も何かしらやらなきゃなぁ。
相手が何を言っているかは何となくわかっても、自分の言いたいことが全く言えなくなっちゃうから、会話のリズムが成り立たないんですよね。
いつも「もっと話せたらな。」と思うので、
ん〜、何かやるかなぁ。。。

« 2006年8月 | トップページ | 2006年10月 »