演奏会のご案内(N響以外)

  • 2011/11/01 東京オペラシティリサイタルシリーズB→C 第136回公演
    東京オペラシティ文化財団が主催するリサイタルシリーズ「B→C(ビートゥーシー/バッハからコンテンポラリーへ)」の第136公演のソリストに採り上げていただきました。歴史あるリサイタルシリーズへの参加を大変光栄に思い、武者震いしながら準備に励んでいます。 Sound gardenとは一味違ったステージを展開する予定。みなさま、是非遊びにいらしてください!!

竹島悟史リサイタルシリーズ Sound garden

  • 003 竹島悟史 Sound garden vol.3 “Reunion”大成功!!
    2010年12月7日、サントリーホール・ブルーローズ(小ホール)にて、リサイタル第三弾を行いました。「Reuinon=再会」をテーマに掲げ、ゲスト浦壁信二、森浩司両氏の2台ピアノと共に、存分に楽しみました。自他作コンチェルト4曲や、僕も含めた3人でのピアノ6手連弾、マリンバソロと、盛りだくさんな内容でしたが、お客様には大いにお喜びいただけて、拍手喝采が鳴り止みませんでした。本当に楽しかった。ありがとう!!
  • 002 竹島悟史 Sound garden vol.2 "crossing" あたたかく終了!!
    2008年10月7日、第2回目リサイタルを行いました。ソプラノ佐竹由美、ハープ早川りさこ、チェロ銅銀久弥という、偉大な音楽家である素敵な仲間たちと一緒に作り上げたステージは、のちにたくさんのお客様からいただいた「心の底まであたたまる時間をありがとう」というお言葉に包まれて終演しました。 こちらこそ、あたたかいご声援をありがとう。
  • 001 竹島悟史 Sound garden vol.1 "Let's!!" 大盛況のうち終了!!
    2006年9月26日、初めてのリサイタルを行いました。 記念すべき第一回 "Let's!!" は、マリンバと作曲をメインに企画。 ご来場頂いたみなさまのおかげで、会場中に「僕の庭」を表現出来ました。 本当にありがとうございました!!

LINKS

  • NHK交響楽団
    所属するNHK交響楽団のページ。
  • 株式会社1002
    僕のリサイタルシリーズ"Sound garden"の制作を担当してくださっている音楽事務所。究極のサポート、あったかすぎ。
  • Percussion Unit "UNZARI"
    参加するUNZARIのページ。最高の仲間と「遊びのち遊び、ところにより音楽」
  • Japan Percussion Center
    日本最大の打楽器屋さん。何と言ってもまずはここ。お世話になっております
  • プロフェッショナル・パーカッション
    こちらは、日本最大の打楽器レンタル屋さん。貸スタジオもあります。
  • (株)こおろぎ社
    僕の愛器(マリンバ)を作ってくださった、こおろぎ社。心くすぐる、おだやかであったかい音。
  • 萱谷亮一
    芸大同級生、あちこち大活躍なパーカッショニスト。畑違えど、志は同じ。彼の存在は励みになります。
  • 神代修
    なぎさブラスゾリステンのボス、日本を代表するトランペッター。素晴らしきパパさん音楽家で、相変わらず良きチョイ悪。(笑)
  • 佐竹由美
    由美と書いて「なおみ」さん。日本を代表する素晴らしいソプラノ歌手です。あったか〜いソプラノ。暖。
  • 竹原美歌
    スウェーデン在住の打楽器奏者。ソリストとして元気に活動、可愛らしくも力強い心意気に、ファン多し!! 
  • 早川りさこ
    N響ではもちろん、二人でのDuoでも仲良くさせていただいています。あぁ、天は二物を与えちゃったね〜。
  • 二ツ木千由紀
    独特な魅力のセレブなパーカッショニスト、chiyukiさん。キラリセンス光る数々の言動は、みんなの注目の的!!
  • Yuko
    呑み仲間、OL Yukoのページ。天真爛漫、品良くテンション高めなのに、隅々まで気配りないいヤツです。
無料ブログはココログ

« お忘れゴトはございませんか? | トップページ | うん。 »

こんにゃろめ〜!!

060821_174345_ed_m

とことんトントコすっとことん、練習してきました。
ちょっと気分を変えるために、スタジオを借りてみました。
ん〜、やっぱり、いくら個人練習とはいっても、部屋の広さはそこそこ必要だよなぁ、と実感。
もちろん、耳の為にもそうだけど、精神的に全然違うんだなぁ。
今なんか、ただでさえ、追いつめられ感120%だのに!!
あぁ、はやく家建てたい。。。


リサイタルで演奏する、唯一の既成マリンバソロ「Velocities」。
ずっと前からやってみたかった曲だけど、、、
ずっと前の若〜い頃?に、一回やっておけば良かったなぁ。(笑)
今となっては、暗譜するのに一苦労二苦労。
まぁ、今の方が、自分なりのさらい方をわかっているから、
結果短時間では済むんだけどね。
この、暗譜という「身体に入れ込む」までの時間が
予想以上にかかりまして、、、

こんにゃろめ〜!!
楽譜ごと喰ってしまうぞぉ〜〜!! (ドラちゃんの暗記パン風)

で。
今日、やっとクリア。
よし、ここまで来たら、こっちのもん。
ここからが面白いんだからぁ!! どうやって料理していこうかな。
今回は、あそこをこうして、ここはああして、、、
っていうのが、音楽家のリハーサル段階における、
とても難しく、とても大変で、とてもとても楽しい作業の一つです。

さぁ、他の曲も頑張るぞ!!

« お忘れゴトはございませんか? | トップページ | うん。 »

コメント

私は、器楽の演奏会を拝見している度、時々思うんだけど、よくあんなに長~い曲を、頭の中にインプットする事が出来るなぁ!!って感心してしまうんですよね!!
歌の場合は、言葉が母国語である限り、その言葉やシチュエーション等を考えれば、誰でもインプット出来ると思うんですけれども、言葉を抜いて音楽だけの状態での暗譜は確かに大変だと思います・・・。
そんな作業を毎回毎回繰り返しているなんて、想像しただけでも凄いと思いますよ・・。(感動)

人々の中には時に、音楽というものに対して、単なる精神的救済に過ぎず、世の利益に直接結びつかないなんて、偏った考え方をする方がいらっしゃるけれども、私はそんな人達へ声を大にして叫びたいですね!!音楽を職とする方が、如何に大変な作業をこなしているかという事を!!!!

Pierrot le fou さま!! ようこそ!!
学生の頃からは想像のつかない?力強いコメントをありがとう!!
そうだね、僕の場合だけど、本番で譜面を置くかどうかは別として、やっぱり譜面を見て確認しながら演奏しているようだと、一つ「音楽」から意識が離れちゃってる気がするんだよね。
特に、打楽器は身体をたくさん動かすから、視線を動かせないとなると、とれる姿勢も限られちゃうわけだ。
だからね、「譜読み」ということは「身体で覚える」ということで、まぁ「暗譜」に近い意味になるのかな。

でも、でも、関わる音楽全てを暗譜するのは、無理っすよ!!

そっか、歌い手さまさま達は、例えばヴォカリーズの方が覚えにくかったりするの?

多分、人それぞれかもしれません・・。クラッシック声楽の業界の中では、かつてピアニストを目指していた方、あるいは幼少期からピアノを学び、プロ顔負けに演奏出来る方等もおります。
そんな声楽家の方々は、恐らくヴォカリーズのような作品の暗譜でも対応できるのかもしれませんね・・。
ラフマニノフ等、有名なヴォカリーズの場合なら、聴きなじみもあるので、演奏などは身体に入りやすいかもしれないけど、例えば『現代作曲家が作ったヴォカリーズ』ですとなると、本当に歌い手泣かせなものは多いでしょう・・(苦)

そもそも、現代作曲家の作品はヴォカリーズに限らず、声楽的には難しいものが多いですね・・。
ベルグ、ヒンデミット、等等・・・
唯、最近は、そういった作品群に魅力を感じ、取り組む声楽家も増えてきたように思います。
事実、有名どころの声楽作品ばかり歌っていても
面白くないですからねぇ(笑)

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/186300/11547389

この記事へのトラックバック一覧です: こんにゃろめ〜!!:

« お忘れゴトはございませんか? | トップページ | うん。 »