演奏会のご案内(N響以外)

  • 2011/11/01 東京オペラシティリサイタルシリーズB→C 第136回公演
    東京オペラシティ文化財団が主催するリサイタルシリーズ「B→C(ビートゥーシー/バッハからコンテンポラリーへ)」の第136公演のソリストに採り上げていただきました。歴史あるリサイタルシリーズへの参加を大変光栄に思い、武者震いしながら準備に励んでいます。 Sound gardenとは一味違ったステージを展開する予定。みなさま、是非遊びにいらしてください!!

竹島悟史リサイタルシリーズ Sound garden

  • 003 竹島悟史 Sound garden vol.3 “Reunion”大成功!!
    2010年12月7日、サントリーホール・ブルーローズ(小ホール)にて、リサイタル第三弾を行いました。「Reuinon=再会」をテーマに掲げ、ゲスト浦壁信二、森浩司両氏の2台ピアノと共に、存分に楽しみました。自他作コンチェルト4曲や、僕も含めた3人でのピアノ6手連弾、マリンバソロと、盛りだくさんな内容でしたが、お客様には大いにお喜びいただけて、拍手喝采が鳴り止みませんでした。本当に楽しかった。ありがとう!!
  • 002 竹島悟史 Sound garden vol.2 "crossing" あたたかく終了!!
    2008年10月7日、第2回目リサイタルを行いました。ソプラノ佐竹由美、ハープ早川りさこ、チェロ銅銀久弥という、偉大な音楽家である素敵な仲間たちと一緒に作り上げたステージは、のちにたくさんのお客様からいただいた「心の底まであたたまる時間をありがとう」というお言葉に包まれて終演しました。 こちらこそ、あたたかいご声援をありがとう。
  • 001 竹島悟史 Sound garden vol.1 "Let's!!" 大盛況のうち終了!!
    2006年9月26日、初めてのリサイタルを行いました。 記念すべき第一回 "Let's!!" は、マリンバと作曲をメインに企画。 ご来場頂いたみなさまのおかげで、会場中に「僕の庭」を表現出来ました。 本当にありがとうございました!!

LINKS

  • NHK交響楽団
    所属するNHK交響楽団のページ。
  • 株式会社1002
    僕のリサイタルシリーズ"Sound garden"の制作を担当してくださっている音楽事務所。究極のサポート、あったかすぎ。
  • Percussion Unit "UNZARI"
    参加するUNZARIのページ。最高の仲間と「遊びのち遊び、ところにより音楽」
  • Japan Percussion Center
    日本最大の打楽器屋さん。何と言ってもまずはここ。お世話になっております
  • プロフェッショナル・パーカッション
    こちらは、日本最大の打楽器レンタル屋さん。貸スタジオもあります。
  • (株)こおろぎ社
    僕の愛器(マリンバ)を作ってくださった、こおろぎ社。心くすぐる、おだやかであったかい音。
  • 萱谷亮一
    芸大同級生、あちこち大活躍なパーカッショニスト。畑違えど、志は同じ。彼の存在は励みになります。
  • 神代修
    なぎさブラスゾリステンのボス、日本を代表するトランペッター。素晴らしきパパさん音楽家で、相変わらず良きチョイ悪。(笑)
  • 佐竹由美
    由美と書いて「なおみ」さん。日本を代表する素晴らしいソプラノ歌手です。あったか〜いソプラノ。暖。
  • 竹原美歌
    スウェーデン在住の打楽器奏者。ソリストとして元気に活動、可愛らしくも力強い心意気に、ファン多し!! 
  • 早川りさこ
    N響ではもちろん、二人でのDuoでも仲良くさせていただいています。あぁ、天は二物を与えちゃったね〜。
  • 二ツ木千由紀
    独特な魅力のセレブなパーカッショニスト、chiyukiさん。キラリセンス光る数々の言動は、みんなの注目の的!!
  • Yuko
    呑み仲間、OL Yukoのページ。天真爛漫、品良くテンション高めなのに、隅々まで気配りないいヤツです。
無料ブログはココログ

« 松山〜広島、移動中! | トップページ | すっげ〜! »

平和祈願の地

広島に無事上陸することで、今日のN響仕事は完了。
移動日というやつで、リハーサルとか本番とか、音出し作業はありません。

任務を果たしたら、後は自由。
明日以降の仕事に支障をきたしたり、法に触れるようなことをしたりしなければ(笑)、基本的には自由行動になります。

というわけで。

まず、気の良い友人達に我が儘を言って、マリンバを練習させてもらいました。
そう、リサイタルの準備ね。(汗)(汗)(汗)
広島に来る度に、何かとお世話をしてくれる素晴らしく気の良い友人とは、
広島を中心とした幅広い地域の、楽器のレンタルや修理のお仕事をしてる方だったり、
広島各地の学校で教鞭をとりつつ、独自の演奏活動を繰り広げている
芸大時代の後輩だったりします。

「じゃけんの〜!」なんて、プチこわ系の台詞が出てきたりしますが、
ホントにホントにあったかく迎えてくれます。
友人でいてくれてありがとう。いつか必ず恩返しします。

で、夜は、その彼らがお好み焼きだぁ、酒だぁ、と連れ回してくださるわけです。また、どこも旨い!

しかも!

今日は、僕が芸大受験時代から大変にお世話になっている松倉利之先生に、広島の地でお会いすることができたんです。

それこそ、UNZARIのLIVEに来てくださったり、
都内でもお目にかかってはいるのですが、
酒を交わすなんて何年振り!

広島の音大などにも教えにいらっしゃっている先生、
今回もそれにまつわるお仕事で在広。(在広?)
偶然にもお酒を交わすことが出来て、積もり過ぎる話に、花も咲ききれませんでした。

先生も僕も、お互い歳はとりましたが、
昔から変わらず、弟子を一人間として対等に接してくださる先生に

脱帽。

ホントに、この先生に鍛えていただけて良かったなぁ、と
つくづく最敬礼でした。

N響のこと、リサイタルのことなどで、心配事が絶えない今日でしたが、
何だか嬉しいこともたくさんあった良い一日でした。

僕も、人生頑張らなきゃ。

追伸。
このホテル、良いホテルなんだけど、
ビジネスセンターだけが充実していなくて、
こんな長文を携帯電話から投稿しています。
うまくいってるのかな?
(ブログ初心者は、何かと不安。笑)

« 松山〜広島、移動中! | トップページ | すっげ〜! »

コメント

昔から変わらず、弟子を一人間として対等に接してくださる先生に

脱帽。

いいですね・・・最近の教育現場に携わる先生方に是非聞いて頂きたいフレーズだと思います。
教育というのは、教師や親が、生徒達、あるいは子供達に対して、上から物申す事ではなく、まずは、一人の人間として接しつつ、生徒達、子供達に対して、これから生きていく上で、大切になるであろう事を、心から忠告していく事こそ、重要な事なのではないのだろうか?と私は思います。

黒柳徹子著、『窓際のトットちゃん』の本の中に登場する、「小林先生(だったと思います)」は、正に先に述べたような教育を実践した、数少ない方だったのではと思います・・。

世の中の教師の方々へ・・・子供達が何れ大人になった時、もう一度あの先生と酒を酌み交わしたいと思われるような先生になるという理想や妄想を膨らます前に、自分自身が人としてどうであるかを見つめてみる必要があると思います。

こう述べたとは言え、この言葉は今の自分に対する言葉でもあるのですが・・・。


コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/186300/11608790

この記事へのトラックバック一覧です: 平和祈願の地:

« 松山〜広島、移動中! | トップページ | すっげ〜! »