演奏会のご案内(N響以外)

  • 2011/11/01 東京オペラシティリサイタルシリーズB→C 第136回公演
    東京オペラシティ文化財団が主催するリサイタルシリーズ「B→C(ビートゥーシー/バッハからコンテンポラリーへ)」の第136公演のソリストに採り上げていただきました。歴史あるリサイタルシリーズへの参加を大変光栄に思い、武者震いしながら準備に励んでいます。 Sound gardenとは一味違ったステージを展開する予定。みなさま、是非遊びにいらしてください!!

竹島悟史リサイタルシリーズ Sound garden

  • 003 竹島悟史 Sound garden vol.3 “Reunion”大成功!!
    2010年12月7日、サントリーホール・ブルーローズ(小ホール)にて、リサイタル第三弾を行いました。「Reuinon=再会」をテーマに掲げ、ゲスト浦壁信二、森浩司両氏の2台ピアノと共に、存分に楽しみました。自他作コンチェルト4曲や、僕も含めた3人でのピアノ6手連弾、マリンバソロと、盛りだくさんな内容でしたが、お客様には大いにお喜びいただけて、拍手喝采が鳴り止みませんでした。本当に楽しかった。ありがとう!!
  • 002 竹島悟史 Sound garden vol.2 "crossing" あたたかく終了!!
    2008年10月7日、第2回目リサイタルを行いました。ソプラノ佐竹由美、ハープ早川りさこ、チェロ銅銀久弥という、偉大な音楽家である素敵な仲間たちと一緒に作り上げたステージは、のちにたくさんのお客様からいただいた「心の底まであたたまる時間をありがとう」というお言葉に包まれて終演しました。 こちらこそ、あたたかいご声援をありがとう。
  • 001 竹島悟史 Sound garden vol.1 "Let's!!" 大盛況のうち終了!!
    2006年9月26日、初めてのリサイタルを行いました。 記念すべき第一回 "Let's!!" は、マリンバと作曲をメインに企画。 ご来場頂いたみなさまのおかげで、会場中に「僕の庭」を表現出来ました。 本当にありがとうございました!!

LINKS

  • NHK交響楽団
    所属するNHK交響楽団のページ。
  • 株式会社1002
    僕のリサイタルシリーズ"Sound garden"の制作を担当してくださっている音楽事務所。究極のサポート、あったかすぎ。
  • Percussion Unit "UNZARI"
    参加するUNZARIのページ。最高の仲間と「遊びのち遊び、ところにより音楽」
  • Japan Percussion Center
    日本最大の打楽器屋さん。何と言ってもまずはここ。お世話になっております
  • プロフェッショナル・パーカッション
    こちらは、日本最大の打楽器レンタル屋さん。貸スタジオもあります。
  • (株)こおろぎ社
    僕の愛器(マリンバ)を作ってくださった、こおろぎ社。心くすぐる、おだやかであったかい音。
  • 萱谷亮一
    芸大同級生、あちこち大活躍なパーカッショニスト。畑違えど、志は同じ。彼の存在は励みになります。
  • 神代修
    なぎさブラスゾリステンのボス、日本を代表するトランペッター。素晴らしきパパさん音楽家で、相変わらず良きチョイ悪。(笑)
  • 佐竹由美
    由美と書いて「なおみ」さん。日本を代表する素晴らしいソプラノ歌手です。あったか〜いソプラノ。暖。
  • 竹原美歌
    スウェーデン在住の打楽器奏者。ソリストとして元気に活動、可愛らしくも力強い心意気に、ファン多し!! 
  • 早川りさこ
    N響ではもちろん、二人でのDuoでも仲良くさせていただいています。あぁ、天は二物を与えちゃったね〜。
  • 二ツ木千由紀
    独特な魅力のセレブなパーカッショニスト、chiyukiさん。キラリセンス光る数々の言動は、みんなの注目の的!!
  • Yuko
    呑み仲間、OL Yukoのページ。天真爛漫、品良くテンション高めなのに、隅々まで気配りないいヤツです。
無料ブログはココログ

« 広島〜益田、移動中 | トップページ | 松本涼し »

つかの間の

益田での本番を終え、N響旅公演も終了しました。

楽しい旅でしたが、演奏面(仕事ね)では結構大変で、
とりあえず終わったことに、腹の底から

ホッ。

終演後、美都温泉という素晴らしいお湯に浸かって、
ちょっとだけ疲れを癒してから帰ってきました。

さ。次。

N響の旅は終わりますが、
僕はこのまま帰宅せずに、明朝から次の仕事に移動します。

今度は長野県の松本。
サイトウキネンフェスティバルです。
今回は、オーケストラへの参加に加え、
ギターのスペシャリスト鈴木大介さん他とのセッションもあります。
とても楽しみです。

色々な場所で色々な人と出会う。
音楽という世界共通の言葉を、ほんの少しでも操ることが出来て、ホントに幸せだと思います。

普段、僕らが日本語を話す時、それは「おはよう」という言葉を発する動作に対して機械的な義務で働くのではなく(お+は+よ+う=おはよう、みたいな)、
朝会えて嬉しいという感情が先に生まれて、その感情を伝える手段である「おはよう」を知っていたから、そういう音(言葉)を口で発するわけですよね。
「おはよう」を知らなかったら、「おはよう」とは言わないわけで。

だから、言葉の違う国では、違う挨拶になる。
手段が違う国では、違う手段になる。
でも、朝に心の中に生まれた「おはよう」という感情は同じです。

音楽が世界共通の言葉だと言われる理由も、そこにあると思います。

子供やお母さんの鼻歌も、
遠い国の土着的民族音楽も、
大作曲家大演奏家のちょっと難しい音楽も、
発する手段や方法に違いはあるけど、心からの感情が先にあることに変わりはありません。
赤ん坊の泣き方で、何を欲しているのかを親が聞き分けられる(感じ分けられる、かな)のは、
気持ちが通じ合っているから以外の何物でもありませんよね。

音楽家として、一人間として、色々な人に出会うことで、
同じ気持ちでいても、この人はこんな言葉(音)を発するんだぁ!
その言葉(音)を発した気持ちは、こういうことだったのか!
という発見が出来る。
その発見こそが、僕の音楽を広げ大きくしていく為の糧になっていることは確かです。

「おはよう(お+は+よ+う)」とスラスラ噛まずに言えるようになる訓練だけを躍起になってするではなく、
色んな「おはよう」な気持ちを考え体感し、
さらに、感情に沿って「良い朝だね!」「今日はどう?」をも覚える。

先に感情があるから、あってこそ、とことん訓練する。

常に感情が先にある。

そんな風に音楽を深められたらいいな、と思い続けています。

つかの間のオフタイム。
一つの仕事が終わり、次の仕事への脳内チャンネルチェンジをしていたら、こんな思いを再確認してしまいました。

つ、通じた? 日本語下手でしょ〜?(汗)(泣)
もっと伝えたいから、日本語の訓練しなきゃだ!

« 広島〜益田、移動中 | トップページ | 松本涼し »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/186300/11641312

この記事へのトラックバック一覧です: つかの間の:

« 広島〜益田、移動中 | トップページ | 松本涼し »